サッカーのハナシ

少し近況から。

フィンランドから、先週日本に帰ってきた。

チームからビザをもらえず残念ながら、契約までは至らなかった。

監督は残って欲しいという感じだったが、スポーツディレクターや上の人間にかなり煙たがれた感はあった。

仕事も探してくれて、運転免許証があればDHLの仕事があったみたいだけれど、免許証なくて無念。

なかなか物事は上手くいかないものだね。

とりあえず、2ヶ月後くらいにまた新たな場所に行くと思う。

その話しはもう少し経ったら。最近、自炊自炊うるさかったから、少しサッカーの話しを。

中学生や高校生の頃、自分はめっちゃサッカー好きだったんだよね。

ヨーロッパの試合をひたすら見たり、ユニフォームを買ったり。

もちろん自分がプレーするのもそうだし、いつかジャーナリストになったり、自分のサッカー雑誌作りたいとか思っていた。

それが海外に来てからというか、今は少し変わってきた。

最近はほとんど試合を見なくなった。

そこまで見たいと思わなくなってしまった。

ヨーロッパにいて、自分の練習時間と試合が被っていて、録画とかもできないからそもそも見るチャンスが減ったというのも理由のひとつだろうけれど、ハイライトでお腹いっぱい。

見るのはビッグマッチとかミランの試合くらい。ジャーナリストになりたいっていうのも無くなった。

大量のサッカーの試合を見て、さらにそこから分析をしていくなんてことは少なくとも今は、僕の熱量じゃできるともやりたいとも思わなくなってきてしまった。

今は自分の意見をブログに書いたり、実際に雑誌に投稿だけれど人たちをsnsで簡単に見れる。

それを、見ていたらああ、きっと自分はこうはなれないし、なりたいとも思わない。

そういった人達のサッカーへの熱は半端ない。

唯一プレーするということに関しては変わらず好きだし楽しい。

少し変わったことはサッカーで稼ぎたい。と強く思うこと。以前は漠然とプロになりたいって思ってたけど、それとは別の感情が湧いてくる。

たぶん、楽しくプレーして、なんとなくサッカーやってます。っていう時は終わった気がする。

今年9月には21歳。

若いようでそんなに時間はないと思う。周りの友達でも、お金貰ってたり、プロでやっている人もどんどんでできている。

プロ選手という位置からの景色が見たい。

半年前くらいからずっと考えている。だから、食事を変えたり、トレーニングを変えたり色々試しているんだよね。

そんなことしなくてもプロになるような選手はたくさんいるだろうけど、自分は周りと同じじゃ足りないって知ってるし。

いきなり1千万のサラリーは無理だろうけれど少しずつ。Step by Step

料理ばっかりしてたり、フィンランドに急に行ったりと何やってるんだ感がある人もいるみたいだけど、色々なことに興味を持ちつつサッカー選手になるという軸はあるんだよね。頑張ったんだぁ、で終わりたくないし。

Keep working!

Twitter でフォロー
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう