海外に行くハナシ

海外でサッカーやっています!

スペインに住んでいました!

これからヨーロッパに行きます!

というと大体の人が(この言葉が適切かはわからないが)羨望の目で見られることも多い。

この話しとは少し反対でなんで海外に行くの?と聞かれることもここ最近ある。

わざわざ日本から出る必要ないんじゃない?ということや価値観の違いではないけれどヨーロッパで行ってまでそんなにサッカーしたいの?みたいな感じだろうか。

僕からするとそれはかなり保守的でつまらない思考回路の人達だなぁと思ってしまうのだけれど(その人が若ければ若いほど)

でもなぜ海外に行くのだろうか

そういう人達に僕は海外に行くことのメリットをどう説明できるか考えた。

まぁ、全てその人次第だからと言ってしまえば簡単だけれど、海外信者として(言い方はアレだが間違ってはない)僕が感じたことをちょちょいと書いてみる。

スイス・チューリヒの夕日!
スポンサーリンク

自分に費やす時間が増える。

日本には誘惑、楽しいトレジャーがたくさんある。友達もたくさんいるし、みんなの予定表は常にいっぱいじゃないかな??

余白を持つ余裕があるといいと思う。

その時間を自分の好きなことに使う。

たぶん頭を使う時間が増える。時間を有意義に使おうと必死になるからかな。少なくとも僕はそうだった。

その時間は自分がやりたいことに思いっ切り使ってみる。そうすると色々もっと自分のことが理解できるようになると思う。
ちなみにヨーロッパに行った初めの頃とにかく暇が嫌で自己嫌悪する時があったり、無駄な焦りを持っていた。だから、もし海外に行くなら1ヶ月と言わずなるべく長くいるといいと思う。

当たり前だけれど、すぐには人は変わらないから少しずつ自分をアップデートするチャンスを探してみたらどう?
やっていたこと→栄養学を個人的に勉強。ひたすら料理をつくる。映画見る。本を読む。

スポンサーリンク

"当たり前"が変わる。

違うバックグラウンドで育った人達と話したり、全く違う文化の生活を観察したり。日本の常識が常識じゃなかったり。

これは意外と面白いんだよね。

例えばヨーロッパは日本と全く違う文化だし、自分なりに比べてみると面白いと思う。

こんな生き方もあるな!とか自分の中で新たな常識を創っていくとか。

結局、日本の常識とやらに忠実すぎると視野が狭くなりすぎると個人的には思っている。
チャンスがあるなら勇気を持って外に行くといい。たぶんそれでオリジナルの価値がどこかで生まれるのではないかなぁ。

もちろん、最低限の常識の範囲はあるけど日本には意外とどうでもいいことが多いんじゃない?笑

変わったこと→働き方、日本社会への考え方。国境に対するハードルが下がる。

スポンサーリンク

"逃げ道"ができる

母国以外の国の文化や社会を見ているのと、生まれてずっと同じ場所にしかいないという状況とだと生きるレパートリーが変わってくると思う。

Aで失敗しました。Aしか知らない人はそれで失敗として辞めてちゃう。

BやCを知っていると他の場所に行ってみたり、工夫を加えてみたり物事に柔軟に対応できるはず。

例えば、今の環境が合わないなと思ったらスッと辞めて他の方にいけるかもしれない。"逃げ道"というとイメージは良く無いけれど、持っておいて損は無いと思う。

自分の例→サッカー以外に他のことも色々やろうとしている。まだ、始めたばっかりでまだ中途半端だけれど、栄養学やブログを書いたり、語学を勉強しているのも今後"逃げ道"の1つになるかもしれない

スペインの有名なマッシュルーム!
どうみんなはこれを読んで海外に行きたくなった?笑
もちろんこれは日本にいてもできることはあるり海外に行かないのがダメ!というそんな押し付けをしているわけではないので誤解しないで!笑

でも、ネットが普及して情報が溢れているこの世の中ですが、やはり自分の経験値がモノを言うと思う!

世界は広い、ネットの中で終わらず一歩外に目を向けて見るのもありかな!

ps.クラウドファンディング公開から1週間

皆さん、ご支援やシェアのご協力ありがとうございます!目標金額まであと少し!!驚きや感謝とともにより一層頑張ろうと気合いが入ります!今後もご支援、シェアしていただけたらと思います!!

よろしくです!↓

https://camp-fire.jp/projects/view/78893

Twitter でフォロー
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう