アメリカ人のサッカー合宿がカオスなハナシ#デンマーク・スウェーデン日記

こんにちはよーへーです。

今回はデンマーク合宿第3弾!

前回記事の最後に体育館でマットをひいて寝ていると書きましたが、想像とは全く違った合宿でした。

・宿泊施設はジムの体育館

・洗濯機なし(ユニフォーム以外は手洗い)

・WI-FIはあるがほぼ繋がらない

・夜中1時までフリースロー

などなど。

僕は嫌だ、無理、というより面白いなという感想と「アメリカ人の神経図太いな」と。笑

そんなリアルなアメリカ人の実態をレポート

スポンサーリンク

宿泊場所は体育館

写真の通り、大きな体育館にマットを敷いて寝ています。

分厚いマットの上に寝袋、枕や毛布などを持ってきて寝ます。僕は知らなかったのですが、チームが貸してくれました。

この散らばったユニフォームは試合で使ったモノ。

1日経っても放置しているあたりがアメリカ人(?)

日本だったら、速攻で監督に怒られそうですが。笑

あとは衛生面もそうですが、精神的にも体育館のど真ん中に散らかしてそのまま一夜が明けたけれど、何も思わないんですかね。笑

スポンサーリンク

アメリカといえばバスケ(?)

撮影時間は夜中の1時。

ひたすら2時間近くずっとこんな感じでボール遊びをするティーンネージャー。

仲良いチームメイトと合宿に来たら、テンション上がるのも仕方ないですが夜中までは勘弁です。

壁に雑に干されたタオル、ソックスなどが後半には映ってるので動画要チェック!

練習場所はすぐ目の前に天然芝のピッチが2面。見かけは綺麗ですがあまりいいグランドではなかったです。

 

スポンサーリンク

デンマーク2部のスタジアム

ここの敷地はデンマーク2部のチームの所有物みたいでトップチームのスタジアムも。オフシーズンだったので練習している姿は残念ながら見れませんでしたがこちらのグランドは整備がそこそこされていました。

この夏(2018年)はとにかく北欧は暑く、若干芝生がハゲていますが気温の影響もあると思います。

隣接しているジムに泊まりながら、トレーニング、現地のプロチームと練習試合を1ヶ月とにかく試合をする。

非常に面白いですね。日本のチームもこんな感じの海外遠征をしてみてもいい経験値になるかもしれません。

NEXT→食生活

宿泊施設の環境はこんな感じなのだけれどもアメリカ人の食生活もかなりカオスなのでそれは次回に。。。

カオスや体育館で寝ていてヤバいなどと書いていますが実際ここに参加していた選手たちはとても優しかったです

まだ来て3日くらいしか経っていないけれど、とてもアットホームで全くストレスもない

スタッフも含めてアメリカ人の懐の深さを感じます。

様々な経歴の選手が集まっていて、みんないろいろ情報交換をしたり、お互いのこれまでの話しをしたり。

学生以外でチームを探しにここの合宿参加している選手は本当にさまざまな経験をしてきているので面白いです。

バックグラウンドが全く違う人間と関わるのは楽しい。

みんなそれぞれの思いや目標があってここにきているのだろう。

練習以外の行動を見ていても

プロになりたい。

その意思は随所で感じる

自分も負けずにはいられない。

いい経験でしたで終われない。

少しでも上に行けるようにがんばろう。

Twitter でフォロー
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう