サッカーが楽しいと石の上にも三年のハナシ

こんにちは。

今日の葉っぱのハナシは

楽しい

がキーワード。

誰にでも楽しいと思う瞬間があると思う。

僕にもたくさん楽しいといった感情が生まれる瞬間というものはあり、その1つにサッカーをプレーしている時だ。。

サッカーはご存知の通り人気のスポーツで、自分でやるのが好きな人、見るのが好きな人、教えるのが好きな人、など色々な種類に分かれるが、僕は1番やるのが好きで楽しいと感じる。



僕はサッカーをするのが好きで、わざわざヨーロッパまで来てやっているわけだけれど、時々サッカーが楽しくないなと感じることがある。

特に目標がない時に。

それは自分に目標がないときもそうだし、チームメイトや監督との考え方、意識レベルにも左右されると思う。

サッカーというスポーツがチームスポーツなので仕方ないけれど。

先週トライアウトしていたチームに欲しいといってもらい、契約したいと言われたが断った

条件はアパートと400€で観光ビザのきれるまでの4週間弱。

いやいや、

プレーしろよ

とか

せっかくのチャンスなのにもったいないと思う人もいるかもしれない。

確かに。

TwitterのDMで突然こんなメッセージももらった。

なるほど。彼の言う通りかもしれない。

僕は自分は恵まれていると理解しているつもりだけれど、

はたから見たら、好き勝手やって、好き勝手言っているだけのやつと思われているかもしれない。

でも、残念ながら今回のチームではプレーしたくないと思った。

週2回の練習。

娯楽で取り組んでいる選手達。

下手くそとやりたくないのではない。そんなことを言ったら僕も下手くそだ。

プロリーグでもないチームに多くのものを求めているわけでもない。

なんならお金も出て、ジムもプールも使えてグラウンドも天然芝で、環境は悪くないかもしれない。

でも、週2回の1時間半の練習も集中できない選手たちと一緒にやるのは今の僕にはできなかった。

例えばなぜ、部活が楽しくて充実感のあるものなのか。

それは同じ目標、目標をみんなでがんばっているからだろう。

半年前、初めてのフィンランドのチーム(ビザの問題でダメだったチーム)。

僕は彼らとサッカーをしている時、サッカーが楽しくて仕方なかった。

意図のある練習。頭をつかってサッカーをしようとする監督。

組織として、チームとしてオーガナイズされていた。

彼らはプロチームの2軍で若かったし、勢いやモチベーションの高い選手も多かった。

でも、プロチームではないどころか、選手は月謝を払っていた。

僕もアパートもお金ももらっていなかったけれど、毎日練習に行くのが楽しかったし、プレーしていて学ぶことも多く、選手として貴重な体験だったと今でも思っている。

スウェーデンでも、レベルは高くはなかったがチーム意識やモチベーションの高い選手は多かったし、選手として人間として成長するチャンスがあった。

石の上にも3年

僕は最近、色々チャレンジすると同時に辞めたことも多い。

スペインに留学したのに、他の国でサッカーをやろうと言い出したり、せっかく始めたスペイン語も中途半端でおわった。

サッカーもなかなか思うようにはいかないことが多くて、移籍を繰り返したり。

日本にはこんな言葉がある

石の上にも三年

親とかにチーム移籍するというと、もうちょっと我慢してみればとか、同じ場所で続けてみればということを言われたことがある。

サッカーやスポーツをするとき、日本では部活やクラブでやることが多いから、なんとなく中学、高校、大学と3年ないしは4年は同じ場所で、一貫校なら6年、10年は同じところにという風潮が強いかも。

自分に合った場所に行くのではなく、

自分を環境に合わせる。

これはとても大事な事だと思う。

でも、
自分にあった環境、ここだ!と思った場所を見つけるまで動き続けるのもありだ。

あまり、日本ではないかもしれないけれど、無理に我慢する必要ない

嫌ならNOといえばいいし、その分、動きつづければいい。

自分を環境に合わせる方が簡単。

だから、自分の場所を見つける努力は必要。

当たり前だけど、僕はそう思っている。

スーパーな人間だったら、勝手に場所ができているような人もいるかもしれないけど、自分は違うから、探し続けようと思っている。

観光ビザの期限があと4週間くらい。

できる範囲でもう少し動こう。

チームはフライングでローカルの新聞に写真をのっけたみたいだけど。(笑)ごめんなさい。(もっとカッコよく撮って欲しかった。笑)

そういえば、石の上にも3年の対義語を調べたら出てこなかった。

ホリエモンがいってた、

寿司職人が何年も修行するのはバカ

が対義語かな?(笑)

ではまた!

ps.Instagram始めました!

 

見てね!

フォローおねがいします!

Twitter でフォロー
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう