[スペイン人とフィンランド人の違いver2]スペイン人のディナーは9時から?

こんにちはサッカー選手兼ブロガーのよーへーです。(@lavemilan

今日の葉っぱのハナシは前回のフィンランド人とスペイン人を勝手に比べてちゃう話しの続きです。

前回はあいさつ、性格、外見、食生活の4つを比べました。

今回はファッション、生活リズム、語学力(英語力)、最後に家で靴を履く?脱ぐ?という4つを紹介します。

意外と知ってそうで目から鱗な情報もあるかも?見ていきましょう!

スポンサーリンク

ファッション

上記の写真は冬のヘルシンキです。手前の左のおっさんとか隣のニット帽の女性もスタイリッシュではないでしょうか?

これはお互いの首都マドリードとヘルシンキの人達の服装を見て思ったことの一つですがとにかくフィンランド人はおしゃれ

スペイン人はみな同じような恰好が多く、服のセンスがいい!という人は全体的に見ると少ない気もします。

ただ日本人からすると、彼らの顔立ちは目鼻がくっきりしているためあまりダサく見えないケースも

ちなみに日本の大学生が時々やってるTシャツをシャツインするスタイルはまじでゲイに思われます。笑

日本との比較も少しすると聞いたことがある人もいると思いますが、欧米で人気なのはシンプルな着こなし。ブランド物ジャラジャラの若者もそこまで見ないですね。

スポンサーリンク

生活リズム

スペインは夜型、フィンランドは朝方です

これはお店の回転時間を見比べるとわかりやすいです。

スペインのランチは1時半

スペインでは多くのお店でmenu del dia といってお昼の時間に安くランチメニューが食べられます。(日替わり定食的な?)

お昼のお店のオープンはだいたい

午後1時半

日本人からすると

遅い!

ランチ休憩終わってる!

って思うかもしれませんね。笑

お昼がこんな感じで午後5時くらいまでで夜のオープンは8時~8時半くらいから。

じゃあ、24時間朝まで空いているお店も多いの?とか思うかもしれないが、だいたい遅くても夜中の2時後頃には閉まるのも面白いところです

こちらでは朝まで遊びたいときはクラブに行くのがお決まりのパターンですね。

スペインは夏は11時くらいまで明るかったり、冬も天気がいい日が多い。それがこの生活リズムを作ったのかな?

フィンランド は日本と似ている

対してフィンランドはお昼の時間は11時~15時。

夜も18~22時とかで割と生活リズムも日本よりに近いです。

これが全国的にかどうかはわかりませんが、僕が今いるVAASAという町はレストランやカフェ、ショッピングモールなどの営業が極端に短いところも多くて、10時~15時とか11時~16時とか結構ピンポイントで行かないといけないところも。

長時間で作業をしたい方からすると少し不便かな?

こちらは少し田舎なので、ヘルシンキやタンペレなど大都市に行けばスターバックスなどチェーン店も多くあるので、しっかり朝から晩までオープンしているお店も多いはずです。

10時–14時って流石に短すぎますね!笑

生活リズムがという話しで補足すると、サッカーの練習時間もスペインは夜8時半~9時スタート11時終わり。

結構この時間はシンドイです。現在筆者のいるイタリアでも練習は18時からなのでスペインは少し極端かも?

夜型!という人もおおいだろうけれど、僕は朝活の方が好きかな。(笑)

スポンサーリンク

英語力

僕はスペインにいた時スペイン語を勉強していたし、日常会話なども基本的にはスペイン語。買い物に行く時に時々英語でMay i help youと聞かれることもありましたが、基本的に皆英語が話せるイメージはありません。

大して、フィンランドではまったくフィンランド語を使わずとも生活できます。

もちろん人によりけりですが、フィンランド人の方が英語は上手いと思います。

スペイン人も英語が堪能な人もたくさんいるだろうけど、僕が接している人達はそうでもなかった気が。

日本の英語力は低いとよく言われますが、ヨーロッパでもおじいちゃん・おばあちゃんなど年齢が上に行くほど以外と話せない人も多いし田舎にいったら若者でもつたない英語の人もしばしば。

ちゃんと大学受験とかをしてきている人はもっと自分の英語力に自信を持ってもいいなと思ったり。

北欧の英語力は高い

フィンランド含め、北欧は英語が堪能です。実際に北欧の田舎のバス停でおばあちゃんに英語で道を聞いたらかなり流暢な英語で教えてくれました。

人口があまり多くなく、娯楽も少ない北欧。テレビなどでは常にアメリカのドラマや映画が英語+字幕で流れているので小さい時からリアルな英語に触れる機会が多いのだとか。

靴を脱ぐ話

 

ラストは生活習慣の話しです。

日本に住んでいる日本人で靴を履いたまま家で過ごすアメリカ式の人は99%いないと思いますが、フィンランドとスペインであここでも違いが。

スペイン人の家は靴を脱ぎ、フィンランド人の家には靴箱があって靴を脱いで家に上がることが多いです。

フィンランド人はその代わりスリッパをはく確率が高い。

でも、日本みたいにしっかり玄関がない家もあり、土足でズカズカ入ることも時々...

僕の彼女とか普通に土足で部屋の中に行くとこも見ます。

絶対に土足で上がらない日本人は欧米の人から見ると特殊なんだろうななんて。

ジムでも...

ジムでも日本だと土足厳禁の張り紙っを見かけますが、スペインでは基本そのまま。フィンランドも中履きに変えなければいけない。

ぼくはスペインでシェアハウスしていたときに大家(スペイン人)が土禁にしてる、マットにずかずかと入られてほんとに嫌だった経験もあります。(笑)

どっちの国に行きたくなった?

以上8つこの2つ記事で海外に興味を持った、とかスペインに、フィンランドに、行きたくなったと思ってもらえたら嬉しいです!

今日のまとめ
・フィンランド人はおしゃれ
・スペインのランチは1時半、ディナーは8時半
・フィンランド人の語学力は高い
・フィンランド は靴を脱ぐ、スペインは靴を脱がない

ライン@YouTubeでもヨーロッパ生活の様子を発信していますのでぜひ友達追加、チャンネル登録お願いします!

 

Twitter でフォロー
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう