イエスマンは正解か?NOというハナシ

こんにちは。

スポンサーリンク

突然ですがイエスマンって有名な映画知ってますか⁇

おそらくだれでも知っているでしょう。

僕も大好きな映画です。

僕の大好きなシーンはこちら。

画像を押すと僕のインスタに飛びます

ビートルズのCannot buy me loveを主人公の二人が夜中のだれもいないコンサートホールで歌う場面。

YESとはいってないし映画の内容とはあまり関係のないシーンかもしれないけど、インスタグラムに投稿しちゃうくらい好きです。

そんな僕の趣味は置いておいて、

この映画では

YESは人生のパスワード

と言っています。

映画では主人公のカールがNOとばかり言っていた日々からイエスと言い始めて人生が好転するストーリー。

昇進したり、給料が上がったり、いい出会いがあったり。

映画なのでフィクションではありますが、なにか上手くいかないとか自分を変えたいときにいままでNOと言っていたことをYESと勇気をもっていうのは非常にいいことだろうなと思います。

誘われても断っていた飲み会にいったり、デートをしたり、嫌いなものを食べてみたり、普段読まないけど本を読んでみたり、ジムにいってみたり。。。

きっとこれは行き詰っている人には少なからず効果があると思いますし、これだけこの映画が世界的に有名な理由でもありますね。

ただ、今日は、

YESを言おう!ではなく、

NOと言おう!

が本題。

当たり前ですが、YESと言うのに勇気が必要であるようにNOというのにも勇気がいると思います。

勝手なイメージですがもともとイエスマン気質が日本人はある。

上司の言葉は絶対。

自分の意見より協調性や他人に合わせる

など、窮屈に生きている人も多いのでは⁇

YES を言うにもNOと言うにしてももちろん責任は生まれるし、どちらを選択するのにも勇気がいる。

特に人と違う意見を持っている場面に遭遇すればするほど多数派ではない答えを出すの勇気、その発言への重み、周りからの視線いろいろと周りに合わせる言い訳を探してしまうのでは?

あたりまえですが、どちらが正しいか曖昧なシーンも多いだろうし、自分でNOといったらミステイクしちゃったという事態になることもあるかも。

仕方ないそのときはそのときで考えましょう。

しっかり自信をもって自分に正直にいれば同じような人が絶対まわりに集まってくる。

イエスマンも悪くなけど、NOもダメではないということも忘れないでください!

なぜこんなことを言い始めているのか?

実は今朝クロアチアを出ました。

クロアチアは最後の挑戦と言っていましたが1週間で終えました。。。

チームからのオファーや周りの声とは反対に僕はクロアチアではサッカーをしないという決断をえらんだ。

迷いましたがここは違うなと思ったからです。

せっかくサッカーができるチャンスがあるのにもったいない

高望みしすぎ!

かも。。。

でもしかたない。自分で考えた結果。

次の目的地へ向かっています。

ビザの関係や予算的にもこれがほんとに最後。

自分がここだと思う場所を見つけたいと思っています。

チームが見つからず帰国になるかも。

その可能性も高い。

そしたら、またやり直します。

なんだ、自分の決断を擁護するような投稿だって?笑

そうかも。まぁ、いーやそれでも。

ちなみにイエスマンの主人公カールも最終的にはNOを覚える。

頑張りすぎな人生は疲れちゃう。

スポンサーリンク

マイペースに自分を大切に!

●嬉しいおまけ●

さっき、飛行機から降りたら行きつけの美容師さんが頑張れと支援してくれました。

スポンサーリンク

ありがとうございます。

嬉しいし、期待に応えれるように頑張ります!

クロアチアから場所は変わりましたが、、、

一応リンク貼っときます。

ではまた!





Twitter でフォロー
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう