ケールと味噌汁があう!とリゾットはやっぱりチーズのハナシ#久しぶりのよーへー飯

こんにちは。

今日の葉っぱのハナシは久しぶりによーへー飯の新たな発見をシェアします。

クロアチア、ポルトガルにいた3週間ほど自炊をしていなかったのですが久しぶりにキッチンが使えてテンションが上がっています。

スポンサーリンク

ケールと味噌汁

日本ではあまりケールという野菜を見かけないのかな。

もしかしたら日本人には馴染みのない野菜かも。

そんなケールは栄養満点。

ダイエット食の定番アスパラガスやブロッコリーと同じアブラナ科で栄養価も抜群。

美容効果、抗酸化作用などで有名なビタミンA.C、に加えてカルシウムも牛乳の二倍。

これは食べないなんて勿体無いですね。笑

そんなケールを今回は味噌汁に入れてみました。

やはり栄養価は高いといわれてもアスパラガスやブロッコリーをはじめアブラナ科は少し苦みが強かったりちょっと食べづらさを感じるのでは。

ケールも同じようなところがあり少し苦みを感じる人もいるかも。(僕はいがいと生でもいけちゃうんだけど笑)

ケールの説明をだいぶ長く書きましたが本題の味噌汁にした話しに。

今回は野菜味噌汁をつくりました。

具はにんじん、鷹の爪、ケール。

 

①ケール以外をだし汁とともに鍋に入れる。

②沸騰して弱火にして10分くらい置く。

③ケール投下

終わり。

です。

味は小松菜とかほうれん草の味噌汁の味と近い。

けっこう自分的には満足の味で(一発目で満足は珍しい。まあ味噌汁だけど。笑)栄養価も高いのでリピート確定かな。

フィンランドはもう気温が一桁に突入。やはり寒いときは温かいスープが身に染みる。これのきもとして鷹の爪が効いていた。少し辛味を加えてくれるのでぜひチャレンジを!(すでにみんな知ってるか)

どーでもいいけど、フィンランド人の彼女にはケールと味噌汁は違うといわれてしまったので一人の時に今度作ります。笑

野菜スープで意外とみないけどシンプルににんじんだけのみそ汁もかなりおいしいのでおすすめ。(彼女もにんじんのみそ汁は大好き。)

●ケールやブロッコリーなどは火を加えると栄養がなくなっちゃうのではという話しを聞いたことあるかもしれません。生だとシュウ酸という反栄養素も存在。賛否両論で、生がいい!といいう人もいればよくないという人もいます。好みと自分の体調と相談して日々食事は決めるのをオススメ!

スポンサーリンク

リゾットはやっぱりチーズ

スウェーデンにいた時に炊飯器がなくてリゾットをめちゃ作っていた時期があったんだけれど、久しぶりに作ってみたらなんか失敗。

そのあと彼女にチーズがないと言われてそうだなと思って、チーズとアーモンドミルクをいれて再度アレンジしたらめちゃくちゃ美味いのが完成。

 

2人で秒で完食しました。

リゾットではチーズとならんで牛乳をいれる人もいると思いますが、アーモンドミルク、オーツミルクなどでも代用可能なのでぜひチャレンジしてみて!

注意:日本のアーモンドミルクとか豆乳は砂糖が入っていることも多いから気をつけて!シュガーフリーを選んでね。

スポンサーリンク

フィンランドのプロテインバー

これはおまけ。

スーパーでプロテインバーを買ったら

グルテンフリー、ラクトースフリーだったので紹介しておきます。

日本だとまだヴィーガンとかグルテンフリーの商品、プロテインが入ったいわゆる筋肉食品は少ないイメージ。

ヨーロッパだと高プロテインの商品は豊富でアイスクリームとかヨーグルトとかいろいろあって、スーパーとかコンビニで手軽に入手できる。

グルテンフリーなどの食品も充実しているし日本もどんどんそういった文化が入ればいいな!

まあ、高プロテイン食品が必ずしも健康的ともいえないし加工食品は所詮加工食品はなのでグルテンフリーだろうとラクトースフリーだろうと食べ過ぎにはご注意。

僕も最近は好きなものを好きなように食べているので日本に帰ったらまた考えないと!

ほかのよーへー飯はこちらから見れます!

Twitter でフォロー
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう