米粉パンケーキのハナシ#グルテンフリーのお菓子を選ぶメリットって

こんにちは。

今日の葉っぱのハナシは日本にあるおススメの

お菓子はスイーツは嗜好品で食事制限するのであればまずはじめに制限するべき部分ではあると思いますが、やはり甘さを欲することはどうしてもあるでしょう。

あなたがトップアスリートやボディビルダーであれば別だがそうでなければ多少の甘みはあってもいいだろう。

でも、

おやつもなるべくヘルシーにしたい!

という贅沢な希望を叶えるコツ、お店を紹介します!

スポンサーリンク

●グルテンフリー・ヴィーガンのお菓子を選ぶ理由とは

日本でも徐々に知られ始めている、グルテンフリーやヴィーガンという言葉。

グルテンフリーは

もともとアレルギーの人にむけね作られた食品。

ヴィーガンは

ハチミツ、卵、乳製品なども不要。

動物を殺して食べるのが残酷だ、環境破壊だなどとヴィーガンの人はいろいろな考えがあるようだ。

これらの食材を僕は好んで食べるのだけれど、別にグルテンアレルギーでもヴィーガンでもない。

むしろお肉大好きだ。

ここで意識して欲しいのは

・グルテンフリー生活を送れ!

・ヴィーガン主義になれ!

ということではなく

お菓子選びをするときに

グルテンフリー・ヴィーガンの表示のあるものを少し意識して選んでみるということだ

理由は

・砂糖や甘味料、添加物などか従来のお菓子より総体的に少ない

・よりナチュラルにより体に優しく作られている

この2つだ。

皆さんもちょっと意識してみては!?

スポンサーリンク

●Riz Labo Kitchen in 表参道

ここは米粉100%、グルテンフリーで白砂糖不使用の健康オタクとしては行かないという選択肢はないんではないでしょうか(笑)

Rizはフランス語で米の意味!

僕は甘党ではないのだけれど、米粉の料理が好きなので気になっていたので。

場所は表参道の裏の方にあって、最初建物に気づかず通り過ぎてしまうほどかなりわかりにくい立地。

建物のテイストは完全に和をイメージして作られていて、とてもオシャレ。
2階のトイレまでしっかりこだわってできているのでそこも注目!

女子受けは良さそう!
あとは外国人観光客うけもよさそうだから、もし日本に遊びに来るが外国の友達がいたら是非紹介してみて!

値段はそれぞれドリンクが付いてプレーンが1500円、抹茶が1700円。

ちなみに、ここは現金のみでカードが使えないのでご注意!

キャッシュレスの進む北欧と比べると、やはり日本は遅れていますな…
(僕の彼女は普段現金は一切持っていません(笑))

大事な味は…

ふわふわというより、もっちもちで病みつきになる感じ。

あんこ、メープルシロップとの相性も抜群!

甘すぎないのも個人的にはGOOD!

米粉!といっても炭水化物であることには変わりないので、カロリーが気になる人は2人で一つをシェアするのもあり。

日本ではヨーロッパに比べて、食事のトレンドが若干遅れている部分があるなとちょくちょく感じることがあるけれど調べてみると東京にはたくさんヘルシーなお店があるのでテンションが本当に上がる。

食べるは楽しい

Riz Labo Kitchen
リズラボキッチン
https://www.facebook.com/Rizlabo/
東京都渋谷区神宮前4-15-2
裏参道ガーデン内1階
11:00~17:00(L.O.15:30)

スポンサーリンク

●おまけ

外食のおやつはどうしてもいろいろと不必要なものが入ってしまうので1番いいのは家で作っちゃうこと!

僕はプロテインパンケーキに最近はまっていていろいろも試行錯誤中!

プロテインパウダーを使っても、を使ってもよし。

オートミール、米粉、バナナなどと混ぜて焼くだけなので簡単。

最後にハチミツ、ナッツ、ピーナッツバターを塗って完成!

砂糖とか無駄なものがないので優しい甘さの仕上がりになります!

やってみてね!

Twitter でフォロー
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう