ダイエットにおすすめ?今話題の人工肉のハナシ

こんにちは。

今回の葉っぱのハナシは食べ物の話題。

#よーへー飯 シリーズです。

最近は割と僕の愚痴が多かったので人気のよーへー飯をポスト。(実はあんまり人気じゃない涙)

スポンサーリンク

人工肉って何?

人工肉とは何のことだか知らない人もいるだろう。

人工肉は大豆からできたいわゆるソイミート・大豆ミートのこと。

何故人工肉といわれるかというと、いわゆる従来の牛や鳥などのお肉は生き物の生の肉。

対してソイミートの原材料は100%大豆からできているから

 

img_4357

見た目ははひき肉の乾燥してる感じ。

調理前にお湯で茹でる。

大豆の油分を搾油して過熱加圧・高温乾燥させて作る。

納豆、醤油、味噌など大豆をよく使う日本人だが、日本でソイミートはあまりみかけない

というか、日本人は男も女もお肉が大好きという勝手なイメージが僕はあるのだけれどどうだろうか。

日本の大学生で僕・私ヴィーガン!って人はあまりいない。(笑)

僕も彼女に会うまで食べたことなかった!(彼女はヴィーガンに近い感じ)

では、なぜ最近ソイミートはトレンドになっているのか。

スポンサーリンク

普通の肉はダメ?なぜ人工肉がトレンディなのか?

このソイミートは動物性の食材を食べないヴィーガンという人達がこのトレンドの発信元であろう。

ヴィーガンの人達はお肉や魚、ミルク、卵などは食べない。

そんな人たちに向けたお肉の代替食材といったところか。

ヴィーガンといっても実は一口にまとめることは難しく、魚はOK、赤い血が出ないものは食べる(タコとかイカかな)とか、生食ヴィーガン(生とか最小限の熱で調理)とか、ヴィーガンの人が動物性の食材を口にしない理由もまた様々。

話すと長くなりそうなのでまたほかの機会でそういった話はしたいと思っている。

ちなみに、僕はめちゃくちゃ肉好きです。(笑)

スポンサーリンク

気になる栄養とダイエット効果

さて、気になる栄養。

そしてダイエット効果どうなんってところ。

そもそもこのソイミートは結構ヘルシーだよ!とか地球にも人間にも優しいと宣伝されがちなな食材な気がするので検証する

ソイミートの売りはビタミンや食物繊維が多いといったところ。

そしてもちろん大豆イソフラボンという特有の抗酸化作用をもつ物質も。

そしてタンパク質いわゆるプロテインのの割合が高い。

と言葉だけで説明されてもイマイチぴんとこないと思うので。

実際、牛肉やチキンなどと比べるとどうなんだろう。

比べてみた。

部位は

1.牛肉の中で一番脂身が少なくヘルシーな肩肉

2.タンパク質の代名詞ともいえる鶏むね肉、

3.ソイミート

わかりやすく画像で比べる。

さて。これだけ見てある程度僕が何を言いたいかわかるだろうか。

注目してもらいたのは炭水化物

ソイミートは炭水化物が他に比べて圧倒的に多い。

炭水化物はいわゆるデブの元

米やパンなどのアレだ。

何が言いたいかというと、

ダイエットには残念ながらあまりオススメできない。

ただ、逆に激しい運動の後やジムで鍛えた後の食事には最適かも!

ソイミートは加工品

これは個人的な意見だけれどより、自分の食生活に気を遣ううえでやっていることの一つになるべく加工品を避けるということだ。

ソーセージ、ベーコン、市販のドレッシングなどを僕は食べないようにすることが多い。

ソイミートは残念ながら加工品。

大豆をソイミートの形にする間にどんな処理がされているかわからないし、もしかしたら消費期限ぎりぎりの大豆を使ったかもしれない。

もちろん若干言い過ぎではあるけれど、部位や質によってはお肉や魚の方が健康的だと思う。

※あくまで個人的な意見で、ぼくはソイミートも食べます。

一応、実際のやつソイミートの裏面の栄養が記載されて写真を貼っとく。

★商品を売りたいがための闇

これは僕がソイミート 栄養とググって出てきたサイトの一部なんだけれど、カロリー・脂質のところを見てほしい。

一見これだと、ソイミートめっちゃ優秀!とおもうかもしれない。

ただ、比べているお肉の部位がロースにバラに鶏ももと比較的脂身の多い部分を引用してきている。

正直これに気付いた時笑ってしまった。

もちろん、ロースもバラもお肉には変わりないので嘘は書いていないけれど。

(よかったここからこのページにジャンプ! )

企業側も必死ですね。(笑)

また、僕の話になってしまいますが普段お肉を食べるときは上の画像で紹介した牛肩か鶏むねが基本。

あとは赤身のひき肉。

豚肉はほとんど食べない。

ご存知だとは思うけれどお肉も部位によって全く栄養が異なってくるのでご注意!

 

オススメレシピ・気になる値段は?

気になる味や値段、オススメのレシピをご紹介。

ここまで若干ネガティブキャンペーンをしてしまった感はあるがここから挽回。(笑)

味は、それだけだとほぼ無。というか大豆。

どちらにしろ、味付けは必要。

カレー。

これは実はこの前の超ヘルシー野菜カレーのハナシでも紹介した。

炭水化物が多めなので葉っぱとかに挟んで食べるのがオススメ。

ちょっと味に癖があるからチリソースを多めに入れたりスパイシーなのが僕は好きかな。

ソイミートでハンバーグ。

この写真ではうまくいっているように見えるけどオーブンにいれたら崩れてきて失敗。(笑)

ヨーロッパでは今お肉を食べないヴィーガンが流行りなのでハンバーガーやなどのファストフードのお店でもヴィーガンのオプションがある。

そのパテでソイミートが使われていることも!

そういえば彼女はこんなおいしそうなヴィーガン味噌ラーメンをホームメイドしてた

これは絶対美味しい!

みんなも是非チャレンジ!

1キロ900円くらい。

値段はチキンや牛の半分運といったところか。

まとめ

ヴィーガンでないのなら、鶏胸肉や油の少ないお肉、魚などをタンパク源として日々摂るのがいいのかなと思う。

でも、食事のオプションとしてはあり!

もしカロリーやダイエットをしている時であれば他の炭水化物を減らすというのがコツかもしれません。

これからはグローバルになりいろいろな食文化を持った人と会うこともあるでしょう。

野菜しか食べないの?変なの!ではなくそうなんだ!と少しヴェーガンの人の話しを聞いてみるのも面白いかもしれません。

もちろんしょ「健康な食事」に正解ってないですし、好きなものを好きな時に食べるというスタンスもぼくはいいと思います。

考えすぎも面白くないですからね!

たぶん日本人の中にはまだ食べたことがない!という人もいるはず是非トライしてみて!↓

 

日本のお肉の相場がわかりませんがソイミートはヨーロッパに比べると若干高めですかね?

でも試してみる価値はあり。

チェックしてみて!

[amazonjs asin="B0148GISSM" locale="JP" title="まめやのお肉(大豆ミート)ブロックタイプ 1kg"] [amazonjs asin="B01BSEN2N8" locale="JP" title="マルコメ ダイズラボ 大豆のお肉(大豆ミート) 乾燥ミンチ 100g"] [amazonjs asin="B073GSSB96" locale="JP" title="nichie 大豆ミート ミンチ 900g"]
Twitter でフォロー
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう