ブログとお金とサッカー選手のハナシ#稼げるの?#PV数はどのくらい?etc...

こんにちは。

今日の葉っぱのハナシはサッカー選手がブログをやるのってどーなの?儲かるの?何で書いているの?的なことを書いていきます。

最近、こんな僕にも何のブログ使っているの?とか儲かる?とか色々ブログについて聞かれる機会も増えてきたからです。

このブログを開設してからはすでに1年以上が経ちましたが、ちゃんと記事を出し始めたのが昨年6月あたり、まだ100記事にも満たない初心者です。しかしまあほぼ知識0で書き始めたことやサッカー選手の立場(いま微妙だけど笑)などを考慮すると多少参考になることはあると思います。

前半に自分のブログの話し、スポンサー獲得の秘訣やそのほかブログに付随してくることも後半では書いていきます。

スポンサーリンク

WordPress

このブログはワードプレスを使っています。(ときどき聞かれるので)

ブログ 始め方とかで検索するとだいたいこのWordPressかはてなブログかアメブロあたりが出てくると思うがぼくはこれを使っている。

ぼくはブログ開設当初ほとんどブログやネットの知識がなかったので基本的には全てGoogle大先生に聞いている。

ブログをどうやってやればいいですか?とか聞かれるがググってテキトーにいじって、記事書いていくのが一番だと思います。笑
意外とネットに全部書いてあります。

スポンサーリンク

ブログpv数

まず、僕のめちゃくちゃ少ないpv数を公開します。笑

昨年8月が最高で2660回。この月は20記事出したので3日に2記事くらいのペースですね。

前後の7月、9月はそれぞれ1200、1400。

その後もだいたい1000前後をうろちょろしています。

この数字自体はかなり少ないと思います。

3ヶ月100記事がスタートラインというのをよく目にしますが、ブログは慣れない最初のうちがけっこうしんどいようです。

ぼくはかなりマイペースにやっているのでやっと90記事くらい。

10月、11月に投稿したのは計6つと超手を抜いている時期もありましたし、まあ書き続ける。というところを考えれば及第点ですかね。

まあかなり甘い採点ではありますが。笑

 

スポンサーリンク

お金

ここまでのぼくの広告収入自体は3000円くらいです。(全期間で)

ぼくは毎日書いていないのであれですが、お小遣い程度でもブログでそこそこ収入を得るのは割と簡単ではないなというのがぼくが実際にやっていて肌で感じることです。

まずPV数と収入のイメージですがこんな感じです。

かなりブログで生活するのって短期的には無謀な挑戦のように見えます。

ただ、ブログはやれば溜まっていき、記事が増えれば増えるほど読んでもらえるチャンスは上がります。

例えば、ぼくは10月と11月にそれぞれ3記事しかあげていませんが800前後のpv数がついていて、ほぼ毎日誰かがぼくのブログを覗いてはいることになります。

収益には繋がっていないのであまり多くは言えませんがそうやってどんどん過去の記事が自分の財産のようなものになっていくのは面白いですよね。

”プロブロガー”さんが話す収入の記事はいろいろなところにあるのでいくつかピックアップしました。

リンク先からクリックしてみてください。

https://www.jimpei.net/entry/problogger

http://www.ikedahayato.com/index.php/archives/23080

スポンサー

広告収入等には期待しない方がいい。といま書いたが、お金が発生するのはそこだけじゃないです。

ぼくもブログを書き始めてから何度かお金をいただける機会がありますがそれは個人からのスポンサーといったものが多い。

ブログやそのほかSNSで積み上げているものって一種の信用みたいなところがあります。

信用=お金に変わっていくのだ。

スポンサーする側もお金はあるかもしれないが誰にでもぽいぽい投げるわけでないだろう。

自分はこういうことをやっています。という名刺がわりのようなものを持っていると間違いなく興味を相手に持ってもらえる。(もらいやすい)

なので、目先の収入もそうだけど信用を積み立てていると考えてみてもいいかも。

そもそも海外でサッカーをやっている。というだけで普通の人はすごいといってくれることも。
それだけでまず興味を引けるので(海外の)サッカー選手はレベルや能力に関わらず、自分を応援してくれるファンを作りやすい環境ではあると思う。さらにブログとかYouTubeとか他に媒体を持つだけでも面白かったら、フォローしてくれるひとは増えると思います。
自分の立場を思う存分生かしてみましょう!

日記は難しい

では何を書くか、それが最大の問題であろう。

正直内容はなんでもいいです。

サッカー選手を名乗っているとやはりサッカー関連の記事はpv数が伸びるというのがぼくの意見なので今いる国のリアルみたいなので2〜3個はじめに記事を書いていくのは無難かもしれません。

どうやってきたのか、なぜ(海外に)来たのかなど個人的な話から、サッカー環境、ビザ、その他給料の話など事務的な話しもそこそこ需要があると思います。

よりリアルに写真や動画があると伝わりやすいかもしれません。

海外サッカー選手がブログと考えると日々の日記のようなものになるかもしれませんがそれは面白くないのでやめた方がいいです。
というより、日記だけになるのはやめましょうということです。

ブログをやっているサッカー選手はちょくちょくいると思います。
しかし、けっこうつまらない内容が多いことも事実でしょう。(言い方あれですが)
というか、そういった話を周りから聞くことが多いです。

あの人のブログはただ試合があってどーだった、とかそんなことしか書いていなくてつまらない見たいなことを実際に言われたこともあります。

逆にサッカー関係者ではないですが、日記、読んだ本の感想ではないブログを持っているのはけっこうでかいと言われたことも。

これはけっこうやりかた次第で、日々起こったことを書いていくのがブログではあるのだけど、魅せ方というか、うまく日記のように見せないように書いていくことを意識するのもいいかもしれない。

あとはポジションみたいなのもあって、うまい立ち位置でいればけっこう簡単にフォローワーがつくのかなと。

例えば最近だとアフリカでサッカーをやっている人を見つけました。

彼のマウントの取り方はうまいなというか、あまり日本人がいないところに自分の活動拠点を作るとやはり人とは違うメディアができるいい例なのかなと思いました。
興味が湧きますし、ザンビア !?どんなところ何だろ!と感じさせてくれます。

逆にヨーロッパやアジアにはたくさんの日本人がいるのでしっかりとした発信や少し違った視点での発言などが必要になってきたり。

そういう自分をどうブランディングしていくかみたいなのも考えると面白いと思います。

まとめ

大して有名じゃないサッカー選手が本気でブログをやるというのは、邪道というあたりカッコよくないように見えたりする一面もあったり、すこし抵抗があるのはわかります。

実際にサッカー選手は意外とサッカー以外の部分では保守的というか、守りに入りがちなひとが多いかも。

もし迷っていたらやるといいと思います。

何か自分のできることをすこしづつみつけて幅を増やしていくとさらに面白くなってくると思います。

お金は正直、すぐにはついてはこないですがやっていけば繋がりはかなり増えてきます。

ぼくもここ半年くらいでめちゃ多くの人に会ってます。

ブログをやっていたからと一概に言える訳ではありませんが、少なからず影響があるのも事実。

最後に先ほど卓球の福原愛さんがこんなツイートをしていたのでシェアしておきます。

ではまた。

Twitter でフォロー
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう