北欧の3つの航空会社を比較!

こんにちは。

今日の葉っぱのハナシはヨーロッパ周遊・北欧旅行でちょこっと役に立つ飛行機情報です。

主に北欧にはフィンランドのフィンエアーノルウェーのノルウェーエアシャトル、そして、スウェーデン、デンマーク、ノルウェーの参加国で運行するスカンジナビア航空があります。

ラッキーなことにここ1年くらいで数十回これらの航空会社を利用する機会があったので、それぞれ価格、乗り心地、日本人の利用など様々な角度でレビューしていきます。

僕は旅のエキスパートでも、旅のプロでもないですが最近北欧に訪れる日本人の多いので参考程度に見てください!

スポンサーリンク

フィンエアー

フィンランドの航空会社です。席もゆったりしていて乗りごごちがいいです。

短いフライトでも機内ではフィンランドで有名なベリージュースが出ます。

他にはマリメッコの毛布や細かいところで言えば、紙ナプキンもマリメッコの模様が。

機内もグレーで統一されていて綺麗です。

毛布や紙コップの柄もmarimekko

値段は...

値段は高めです。

日本で言えばいわゆるJAL やANAなど類で格安航空とは言えないので長いフライトであればいいですが短いフライトはすこしコスパが悪いかも

あまり旅行に行かない人にはオススメ!

日本への直行便も充実していて、経済的に余裕があればベストなチョイスだと思います。

東京や大阪だけでなく最近ヘルシンキ–北海道の直行便も始まりました

加えてJALと提携しているようですJALのマイルカードがあればポイントがつきます

さらにヘルシンキの空港にも日本語が話せる職員がいたり、初めてヨーロッパに行く!英語の話せないおばあちゃんが行く!なんで人にもオススメかもしれません。

少し調べてみたらヘルシンキはの日本からヨーロッパに来る際の乗り継ぎ地点としての役割を担っている部分もあり、8割の乗客が他の国へそのまま行くみたいです。

そういった、乗り心地がどう、コスパがではなくもう少しディープな話しを知りたい方がこちらから。

https://toyokeizai.net/articles/amp/213544?display=b&amp_event=read-body

スポンサーリンク

ノルウェーエアシャトル

コスパは最強

いわゆる格安航空で、おそらくヨーロッパ旅行をアプリで調べたら一番安いチケットはこの赤いロゴが出てくると思います。

機内食が別だったりと、結局それ以外でお金がかかることもあるので自分のお財布と相談するといいかもしれません。

オプションがたくさん

値段は安いノルウェーエアシャトルですが、機内のシートはやや古く席もあまり大きくないです。

先ほども言いましたがノルウェーエアラインでの長期フライトを要注意。

一見安いですが、荷物を預けたり食事のオーダーで諸々お金を払わなきゃいけないことも。

そこそこ値段のする航空会社は、もともとの値段にそういったものが込み込みのことが多いです。安いのを買っても相対的に見ると損しちゃうかも?

短いフライトで預け荷物もないという身軽な時はいいかもしれませんが長時間フライトであれば、少し高くても他の航空会社を使った方がいいかも?

対応

フランス旅行に行った時にパリからヘルシンキまでの飛行機が1時間以上遅れたことがあります。しかも説明もなく飛行機と空港をつなぐ廊下のようなところで待たされてイライラしたのを覚えています。

たくさん飛行機には乗ってきました、説明なしに1時間以上も待たされるという経験は他ではしたことがないです。(よくあるのは機内搭乗後、なかなか離陸しないケース)

海外の飛行機って時間適当なんじゃないの的なイメージがあるかもしれませんが、僕の経験上よっぽどのトラブルがなければ1時間を超える遅延はないのかなと思います。

ただ、遅延の可能性はないわけではないですので旅行の計画を作るときは気をつけてください。

実際にスペインに遊びにきた友達は乗り換え地のローマから目的地のマドリードのフライトがめちゃくちゃ遅れてマドリードからバルセロナへの電車の時間に間に合わなかったなんてこともありました。(事情を説明したらタダで別の時間のチケットと変えてくれましたが)

ハプニングも旅の醍醐味の一つかもしれませんが、ないに越したことはないですよね。

日本人の利用は?

日本からの直行便はないので、利用するとしたらヨーロッパ間または東南アジアから乗り継ぎなどになると思います。

タイからスウェーデンのストックホルムまでは片道4−5万くらいでした。やはり他の航空会社よりも圧倒的に安かったのでコスパを考えるなら買わないなんて選択肢はないです。

スポンサーリンク

スカンジナビア航空

レベルは中間だけどオススメ!

フィンエアーがいいノルウェーエアシャトルがあまり良くないとするとSASは中間です。

僕の利用経験は1時間〜2時間くらいの短いフライトが多かったのですが、1時間未満のフライトでも水やコーヒーが出てくるのはありがたいです。

2つ目のノルウェーエアシャトルと比べるとその辺りに違いを感じます。

座席の話をするとこちらもあまり綺麗とはいえませんがノルウェーエアシャトルよりはサイズが大きいイメージです。そういえば一度リクライニングが壊れている席がありました。笑

綺麗ではないというのを少し具体的に説明するとシートの隙間などにスナックのカスなどが落ちていることがけっこうあります。

ほんとかよ!と思うかもしれませんがほんとです。(ノルウェーエアシャトルも)

もちろん、座れないほどではないですがそういった細かところに目がいってしまうのは日本人だからでしょうか。笑

若い人は使うべし!

値段ですがアダルトとヤングに値段が分かれていて、25歳未満がヤングのカテゴリーなので若い人は利用すべき。

この写真のSEARCHの上のYOUTH TICKETというところです。

このシステムって面白いですよね。

試しに来週のヘルシンキ–リガのチケットをみてみると時間帯によってはかなりの差が。

先日僕がスウェーデンからフィンランドに帰るときも倍くらい値段が違いました。

これ知らないと損なので見てみてください。

他にもヤング割引あるよーっていう空港あったら教えて欲しいな!

日本へのフライトはフィンエアーほどではないけどときどき出ているみたいです。(直行便は見たことないけど。)

豆知識としてスカイスキャナーなどブッキングアプリを使って買う人が多いと思いますが、こういった、ヤングクーポンとかってそういったアプリに反映されていないことも多いので直接サイトに飛んだり、アプリをダウンロードしたりするといいです。

ヨーロッパ間を移動する際はぜひアプリをダウンロードして試しに値段を見てみてください!

航空会社ランキング

これは完全におまけですが、ネットで航空会社ランキングとやらを見つけたのでその評価を紹介しておきます。

これはオフィシャルの評価

ノルウェーエアシャトル以外は、満点。

このサイト見ているとアジアあたりの航空会社の評価がかなりやばかったです。この3社はそんなに心配することはないと思います。

気になる人はこちらから→https://www.bousaid.com/entry/2018/01/15/074844

 

終わり

まとめると

こういった感じでしょうか!

ヨーロッパは北欧に限らず国と国の距離感が近いと思うので、旅行に行く際はぜひいろいろな国に行ってみてください。

ちなみにこれらはあくまで個人の意見ですしどの航空会社もぼくはいいと思います。

自分の経済状況やどこに行くかなどいろいろ吟味してチケットは買ってもらえたらなと思います!

これを読んで旅行に行きたくなったななんて思っていただけたら嬉しいですね。

北欧は春から夏が観光シーズン。チケットは早く予約した方が安いのでぜひ今のうちに!

(写真は昨年6月のストックホルム。都市部は海がすぐそばにあり、暑すぎず寒すぎない気候も最高!)

ではまた!

Twitter でフォロー
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう