応援される人間になるためにやるべきたった1つのこと

こんにちはよーへー(@lavemilan) です。

先日、Twitter界隈では有名なけいすけさんとユーチューブを撮ってきました。


実は彼には半年近く個人スポンサーとして支援をしてもらっています。

きっかけはTwitterで「今暇な人ー」とゆる募をしたところ、彼からいいねがきてDMをしました。

初めてお会いした時に、いろいろと話しをしたのですが「個人スポンサーとかも募っているところですー」的なことをいうと「僕やりますよ!」と言われそこから応援してもらっています。

それが昨年の10月辺りだったと思うのでかれこれ半年以上の付き合いです。ちなみに彼は現在フォローワーが1万4千人以上いますが、当時はまだ数千人だったのでちょっとびっくりです。笑

初めてこのブログを見てくださる方もいるかもしれませんので僕自身の最近の話しをすると「サッカー(スポーツ)をツールに世界へ出よう!」ということでスポーツを通じて世界を目指す選手のサポートをする傍ら自分自身もイタリアでこれからプレーします。

最近はピッチ外に活動にも力を入れていて、選手からのDMに答えたり、実際にお会いして話したり、先日は筑波大学での講演会をしました。

多くは人は海外に行きたい選手や進路に迷っている選手ですが、そう言った選手と話す中で「応援される選手にはどうすればいいか」をよく考えていました。

自分でも試行錯誤しているうちにいろいろと思い浮かぶこともありますが、せっかく実際に自分のスポンサーをしてくれている人がいるのだから直接聞いて見ちゃおう! 彼に話しを聞いてみよう!ということで動画を撮ることにしました。

SNSで応援される人間になるために必要なこととは?

と動画ではスポーツ選手にフォーカスを当てていますが、どんな業種に限らず今後SNSを使って自分を売り出していきたい!表現したい!という方は何かしらのヒントがあるはずです。

スポンサーリンク

「応援され流選手になるには?」

動画を見てくださった方はわかると思いますが、結論から言うと、

①アピールをしてとにかく知ってもらう
②知ってもらえれば競技のレベルや知名度に限らず応援しれくれる人は増える

です。

また、ただの応援から金銭的、物資的支援をしてくれるコアなファンやスポンサーをつけるにはどうすればいいでしょうか。

それはシンプルで、

まず知ってもらう。

その中にある一定数で金銭的、物資的支援をくれるファンは出てくる。

つまりファンの分母を増やしていく。

です。

SNSと初めに書きましたが、Twitterをやれ!ブログをかけ!動画をとれ!ではなく知ってもらえればいいんです。

SNSはそれをアシストしてくれるもの的な位置ですね。

1000人に知ってもらいたい!と思った時に一昔前だと1000人に直接会う以外に方法はなかったかもしれませんが、今はSNSでプロフィールを作って一定期間以上しっかりと更新していたら、自分に興味を持ってくれる人が出てきます。

知ってもらうためにSNSをやるのは効率がいいですね。

スポンサーリンク

誰でもできるけど...

基本的に今回はけいすけさんが言っていたことは誰でもできると思います。

少し頭を使う必要はあるかもしれませんが、慣れてくればそんなに辛いこともないと思います。

しかもサッカー選手(スポーツ選手)の場合、しっかりとした軸があるのでそんなに難しいことでもありません。

特に海外でサッカーやっています!とかみんなドユコト?どんな生活しているの?とか興味を持ってもらいやすいと個人的には思っています。

ではなぜSNSをやらないかというと2つあって、

・SNSをやらなくても間に合っている

・強制ではない

からだと思います。

あなたの普通が周りの普通とは限らない

プレイヤーのレベルが上がれば上がるほどSNSを本気でやらなくてもある一定数のファンやお金は手にできます。

試合に何万人と見にくる競技もあるので勝手に人は集ま流ので当然でしょう。

逆にプレーヤーのレベル低い場合はどうでしょうか。

SNSで自分を売り込むこと必要性を感じれんかったり、自分に自信がない場合があると思います。

ただ、プレイヤーのレベルが下がれば下がるほど同属の選手は増えます

例えば、僕はヨーロッパのアマチュアリーグの情報発信をしていますが、日本からこれから海外に行きたいなと考えている選手でいきなりプロのリーグに行ける選手より、アマチュアリーグからスタートする選手の方が多いはず。

確かに日本代表の試合で18歳の久保くんがデビューする様子をパソコン片手に誰が見てくれるかもわからないYouTubeを編集しながら見ているとなんだか虚しくなるし、何やってんだろうとならないと言ったら嘘になります。笑

でも、特に選手として低い給料でもプロとしてやっていたり、海外に挑戦している人の経験は貴重です。

あなたにとって普通のことが、周りの人には普通ではないかもしれないということを忘れないでください。

 

アイドルから学べ

2つ目の強制ではないという話しは誰かにやりなさい!と諭されないということです。

AKB48を見てみましょう。彼らはいわゆる量産型のアイドルですが個人個人ニックネームやキャッチフレーズがあります。

インスタに自撮りを毎日アップしたり、最近では動画配信アプリなどを使ってファンと交流しています。

そしてその中で、超スーパーモデル級の美人でなくても彼女らはお茶の間を賑わせます。おそらく事務所からノルマを課されて最初は始めると思いますが、SNSをフルに使っているように感じます。(AKBに限らず)

アイドルとアスリートは違いますが、もしあなたに自分の夢やパッションがあるのであれば、今すぐにアピールをする必要があります。

これは僕の感覚ですが、自分の活動や行動を少しずつ知ってもらえるようになって確実に変わりました。応援してくれる、気にかけてくれるそういう人が周りにいるだけで、1人では到達できないところに行けるんじゃないかと僕自身感じています。

スポンサーリンク

自分をアピールしよう!

最近では、サッカー日本代表の長友や本田圭佑もSNSを通じて様々なことにチャレンジしていますね。他の業界だと、ZOZOTOWNの前澤さんとかもSNSでお年玉企画をやってバズっていました。

彼らはすでに知名度がありましたが、そういうムーブメントを起こすことでさらにいろいろなアイデア、や幅が広がったのではと思います(なんか上から目線ですが笑)

個人としての価値が問われるこの時代に、アスリートとして(アスリートでなくても)頑張っている人は必ず、周囲にポジティブなエレルギーを与えることができます。

また僕は「応援される選手になるためにどうしよう」と考えている間に「僕も誰かを応援したい!」となりました。

「人から応援された経験」は絶対にあなたの人生を豊かにします!

ぜひプレーすること以外にもチャレンジしてみてください!

今回は少し長くなりましたがここら辺で。ではまた、チャオ!

YouTubeも見てねーー


 

 

Twitter でフォロー
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう