現役プレーヤーと異業種の出会いの場?アスリート交流って知ってる?

こんにちは、よーへーです。

先日ご縁があり、アスリート交流イベントに参加してきました。

最近はイベントによく参加していますが”アスリート”がつくイベントには初めて参加しました。

主催者は元プロバレーボール選手の夏奈さん(@kana _shimohira)

彼女のビジョンやイベントコンセプト、そしてそこに集まる方々がとても面白かったので今回はご紹介しようと思います。

*イベント概要や引用元は主に彼女のnoteから

スポンサーリンク

アスリート交流って何?

アスリート交流とただ言われてもイマイチピンと来ません。どんな場所なのでしょうか。

アスリート × 異業種(スポーツ関係が多い)の交流の場所です。

なぜ、アスリート × 異業種にしたのかスポーツ選手は、プレイヤーであるため異業種の方との接点が少なく働き方を知る機会が少ないから。

確かに、スポーツ選手って人間関係が結構偏っていることってありますよね。

高校生の頃、僕はサッカー選手で高校でも部活動をしていましたが、日常で関わる多くの友達はサッカーをしている人だったと思います。

”類は友を呼ぶ”とはまさにこのことで実際に大学サッカー部の人と話しをした時も

「うーん。周りは基本的にサッカー部の友達かな」

という声も聞きます。

しかし、居心地のいい仲間以外と関わるメリットとはなんでしょうか

自分の新しい引き出しを作ろう!

中学生、高校生くらいまでは、同じ部活動の仲間とつるんでいたらそれだけで十分かもしれません。

でも、大学や社会に出てからはやはりもっと広い視野を持つことが自分の人間的魅力や引き出しの幅を増やしてくれると思います。

実際に、僕自身も海外に18歳で出てからかなり多種多様な人と出会い、話し、人間的な幅が広がったと思います。

自分にどんな価値があるのか、それは同じ類の人間といるだけでは見えてこなかったりします。

過去にも同じことを書いたことがありますが、自分にとっての普通が相手にとっては普通ではなく魅力的であったり、もしかしたら相手の手助けになることがあります。

例えば、海外でサッカーをしているからすると、海外でプレーする選手って周りにいくらでもいるんですよね。

でも、一歩イベントやSNSを通じて知り合った人からすると、海外でサッカーやっているの!ドユコト?話し聞かせて!?ってなります。

前回記事で応援されす選手になるためにやるべきたった1つのことと題して、応援される選手になろう!という話しを書きました。

そこではSNSでファンをつけるためのやり方として「とにかくアピールして知ってもらえ!」という話しを書きましたが、SNSで知ってもらうより実際に直接会って話したほうが相手との関係はより密接になります。

なのでこういったアスリート主役のイベントは選手からすると非常にチャンスだなと感じますし、実際に僕もそこで繋がった何人かの方とはその後も繋がり、連絡を取り合っていますしすごい有意義の空間だったと自信を持って言えます。

スポンサーリンク

競技につなげる

アスリート交流会がどんなものかはわかりました。そしてなんとなくメリットも浮かんできました。

さらに

夏菜さん
努力の仕方も違う、異業種の働き方を知ることでプレーの幅も確実に広がると思った

共感!

ここで大事なのって、元選手だけでなく、現役の選手と異業種の方との交流であること。

僕も現役選手という立場でたくさんの人と話していますが、現役であることは非常にプラスな要素です。

例えば最近noteで海外サッカー選手×トレーナーのSNS戦略という記事をいくつか出しました。

すると、数名のトレーナーさんから連絡をもらうことがあり、直接お会いして、情報交換をしたり、実際にトレーニングをしよう!とお誘いを受けたりしました。

そこで感じたのは(自分の場合は)サッカーの練習を頑張るだけではなく、自分を知ってもらう活動をすることで、「質の高いトレーニングをする機会に恵まれる」、「頑張れと物資的、金銭的支援をもらえる」などといった、ピッチ外での活動が遠回りに見えるようで結果的にプレーの質を上げる、さらに僕の場合であれば海外に失敗してもまた挑戦する、チャンスをゲットできたという経験があります。

夏奈さんのいうプレーの幅とは少し意味合いがこれらは違いますが、確実に異業種の方々と関わる中で自分のプレーヤーとしての可能性も広がっていると感じます。

スポンサーリンク

行動するきっかけを!

セカンドキャリアについて【楽しく、学べる】という何か考える きっかけをつくること。

私が現役選手の頃は、実際のところバレーボール以外何も考えていませんでした。

資格とろうかな?とか、将来カフェやりたいな?とか、漠然とした想像?妄想?ばかりでした。

何かきっかけがないと動けない人ってたくさんいると思います。それはアスリートも例外ではないと思います。

そういう意味できっかけづくりをしてくださる方には感謝しかありません。

イベントはいたるところで開催されていますが、「アスリート」をイベントの名前にすることでよりターゲットが絞られるのもプレーヤーからすると嬉しいところです。

競技人生は多くの場合、リミットがあるとい思います。

黙ってても(いわゆる)セカンドキャリアというものは来るわけですが、その時にいかにアスリートでありながら、学んできたか、勉強してきたかということがあなたの人生を豊かにするのではと思っています。

今後、競技人生とセカンドキャリアの境界線はすごくぼんやりしていくと最近個人的には思っています。

むしろ僕のようにプレーヤーとしての価値が中途半端な選手は、その境界線はぼやかすことで新たな価値を生み出すことが、プレーヤーとして生き残るすべではないかと思っています。

選手として、1人の人間として、成長したい!と考えている方はぜひ次回のアスリート交流に顔を出してみてください!

またこれを読んでくださっているあなたがアスリートでなかったら、ぜひ何か日々悩みを抱えるアスリート交流会に出向いてもらえたら嬉しいです。(残念なことに僕は海外にいるので当分参加はできそうにないですが涙)

次回のアスリート交流
7/20(土)
18:00~21:00です★
ビュッフェ+飲み放題付き
4000円です!
(ピラティスや体験型ワークショップを考えています)

ピラティスはこちら↓

興味ある方は僕に気軽連絡いただけたら繋げますので気軽にどうぞ!ではまた!

***冒頭で紹介しましたが詳しくは彼女のnoteに書いてありますのでぜひ読んでみてください!

→ https://note.mu/kanamon_0412/n/ndfd30d1e5ef7
Instagramはこちら

ライン@はこちらから。

Twitter でフォロー
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう