英語が完璧じゃなくてOK!海外で使える3つのコミニュケーション術

こんにちは2週間ほど前からローマに引っ越しましたよーへーです。

学校もまだ始まっておらず、現地での友達もほぼいないので昨日ルームメイトに着いて行き学生のパーティに行ってきました。

パーティというとなんだかかっこいいですが、ただ近くの公園に人が集まっているだけです。笑

イメージは代々木公演に大学生が飲みに集まっている感じです。

日本と違うのはヨーロッパは多様な国籍の人間が集まっていることですね。

昨日はオランダ人のルームメイトと行ったのですが、フランス人、インド人と仲良くなりました。

そんな僕の話しは置いておいて、今回は外国人と海外で友達になるためにちょっとしたテクニックをお伝えまします

僕の英語は完璧からほど遠く、中学英語くらいですが、普通に知らない人と友達になったり自分の話しをしたり、コミニュケーションはできます。

もちろん経験値や場数も必要ですが、テクニックも意外と大事。

今回は
英語が完璧ではないけど、留学や旅行先で友達を作って楽しみたい!
英語(外国語)を使って他の国の人と会話したい!
留学先のイベントに友達と行ったけどいまいち話せなかった…という人に向け、外国語でのコミニュケーション術を書いて行きます。

ちなみに今回は大勢という名目で書いていますが、1対1のデートなどでも使えるので、気になる人がいる方にもぜに読んでもらえたらお役に立てるはずです。

スポンサーリンク

大勢の場所には友達と

まず大前提として、パーティやイベントに行くときは1人で行くのはオススメできません

日本人だけも好ましくないです。

ヨーロッパの場合ならヨーロッパ出身の人と行くと新しい出会いや友達作りのハードルが下がると思います。

理由として、はじめに声をかけにいくのは自分である必要がなくなるので、英語が不安でも気づいたら勝手に輪が広がっているという状況になります。

まず、こういうイベントの場(大人数が集まるところ)での第一関門としては知らない人に声をかけるということだと思います。他力本願ではありますが、そこは友達に任せてしましましょう。

あとは全員日本人とかだと、相手側もその輪に入りにくいです。相当な物好きかアジア好きしか来なくなると、かなり絞られます。

友達そもそもいない!という方は語学学校に1週間通ってみるとか、学生の住むシェアハウスに住むなどしてみるといいです。家が同じ、学校が同じとなれば相当内気でなければ友達の1人2人はできるはずです。
スポンサーリンク

実戦で必ず使える3つのコミニュケーション術

ここからが本題。英語初心者でもこれを話せばOK!という3つをご紹介します。

結論から言うと…

①日本のちょっと変なところ、すごいところ、クレイジーなところ
②世界中の情報
③自分の勉強していること、夢など

これで、なんとなく相手とのコミニュケーションが楽しくできるはずです。

もう少し詳しく見て行きます。

日本には割とみんな興味ある!

1つ目の日本の変なところやクレイジーなことを話すと言うことですが、要は自分の国の紹介です。

ただ、I'm from Japan!ではつまらないので、そこから少し自分の国のことを紹介して見ましょう。

具体例を見て行きます。

1番簡単なところだと、東京は1000万人いるんだよ!はOMGとなります

この数字はフィンランドの全人口の2倍、スウェーデンの全人口とほぼ同じです。

おかしいでしょう?笑

あとこれに絡めて、東京の地下鉄の地図を見せるのも面白いです。

東京の路線図って見たことありますか?

やばいでしょう?笑

他にベターなところだと寿司など食事の話しもいいですね。人によっては漫画やアニメに食いつく人もいるかもしれません。

ヨーロッパだと宮崎駿はかなり知られていて、昨日会ったフランス人の女の子も足にカオナシのタトゥーが入っていました。

さらには日本に行ったことある?ははじめに聞いてもいいかもしれません。

YesだったらHow was it(どうだった)

NoだったらYou have to go!(行かなきゃ) とかYou should go!(行ったほうがいいよ!)会話のキャッチボールをするとお互いに盛り上がるはずです。

共通の話題を見つける!

初対面でお互いに共通の話題があると、面白いですよね。

そんな時に使えるのは外国に対する知識や経験です。

例えば、フランス人と話している時にフランスこの前行ったよ!というだけで、おーどうだった?となります。

行ったことがなくても、フランス人の友達いるよ!とか日本人のフランスに対するイメージとかを伝えてもいいかもしれません。

パリってすごく綺麗なイメージあるけど、実際はどうなの?とか、

言語についても面白いです。僕は高校の時週に1回フランス語のクラスがあったので、数個の単語を知っているのでそれを言ってみたりします。

発音難しすぎる!とか言いながら適当に喋るだけですが、相手について興味あるという仕草を見せるのは大事です。

夢や自分のやっていることも語る!

自分がなぜここにいるのか、仕事は何をしていて、または何を勉強しているのか。

何が何に対してパッションを持って生きているのか。そう言った少し熱い話しもいいと思います

そう言った自分のことをオープンに話すことで心理学的にも相手が信用を持つと言います。

何を勉強しているか、何を仕事にしているかなど英語でどのようにいうかわかんらかったら、そこだけ単語で覚えておけばいいし、意外とハードルは高くないはず。

And  you ?と相手に対してもしっかり聞いて、基本的には相手のやっていることを否定しない姿勢を持っているとかなりいです。

スポンサーリンク

愛想笑いは重要!

これが最も重要なことかもしれません。笑

ぶっちゃけ、ベラベラ話させると、全てを理解することは無理なので、ここで合図ちなどを使いましょう。笑

あとはなんとかいくつかの単語を拾って、”理解しているそぶり”を見せるのもその場しのぎにはなります。

もちろん重要な話しや相手であれば、なるべく避けたいですがイベントくらいであれば、それでなんとか切り抜けられます。

お互いの関係を発展させたいと思うなら上記の3つのことを意識しつつ、とりあえず連絡交換まで行けば上出来です。

チャットだと落ち着いて、調べながらメッセージを送れるしグーグル翻訳も使えます。

いきなり全て理解しようとして、パンクしてしまうのはもったいないので愛想はよくしておくことは悪い選択ではないと思います。

習うより慣れよ!

最後にこれを読んでくださった方がやるべきことは、行動です。

習うより慣れろとはこのことでとにかく場数を踏むことで英語を話すことへの抵抗や外国人と話すことへの抵抗がなくなります。

さらに、少しでもコミニュケーションができた!というのは自信になるので、他の場面でもこの成功体験は生きるはず

実際、僕自身も1年くらいまで自分が英語を話すイメージができず、失敗やつまらないということも多かったです。

とにかく、場数です。

習うより慣れよ!

ではまた!

先日、EF Education Firstのブログコンテストに招待されて、参加しました。

入賞はしませんでしたが、特典でオンラインでの英語学習を3か月分いただきました。

せっかくの機会なのでこれを使って現在勉強しているのですが、

友達招待で1か月無料キャンペーン(お互いに)をやっています。

興味ある方は是非連絡ください!

https://englishlive.ef.com/campus/mypage/home   (サイトはこちら)

ライン@もよろしくね!→http://nav.cx/gWbUoc8

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事