Processed with VSCO with m5 preset

こんにちはサッカー選手でブロガーのよーへー(@lavemilan)です。

今回は北欧フィンランドの家庭料理の話しです。

現在は美食大国イタリア・ローマに活動の場を移してる筆者ですが、昨年はフィンランド、スウェーデンと北欧で多くの時間を過ごしていました。

南ヨーロッパ(スペイン、イタリア、フランスなど)はおいしい食事がたくさんあるイメージがあります。

北(ドイツ、北欧など)はいまいちピントきませんがもちろん美味しいものはたくさんあります!

フィンランド人の方と1年半近くお付き合いしていたこともあり、フィンランドの「おふくろの味」を頂く機会も多かった筆者がリアルな「フィンランドの家庭料理」をご紹介します!

スポンサーリンク

ポテト料理

フィンランドの主食はパンやパスタなど小麦やライ麦などを中心とした穀物、またはジャガイモやサツマイモなどの根菜類をです。

家族揃って夕食を食べる時にはよくポテト料理が出ていました

シンプルにマッシュしたものや、夏の初めには新じゃがが旬なので蒸かしイモやオーブンで焼いたりします。

マッシュポテトは南の国のマッシュポテトよりより濃厚なイメージがです。

蒸かしイモはスカンジナビア料理ではよく使われるデリソースや魚の入ったソースなどと一緒に食べます。

フィンランドの家庭料理ではサワークリームなどがよく使われますが、ジャガイモやお肉との相性は抜群です。

他にはお酢を使った料理(日本でいうご飯のおかず的な立ち位置)も多いイメージです。お酢の味が少し強いので筆者は少し苦手です。笑

ニシンのソースが絶品!

筆者のお気に入りは上記写真Sinappi Silliというソース!

ニシンが中に入っていて塩っ気もありますが、どこかほんのりと甘酸っぱい味もします。

普通のスーパーでも簡単に手に入り、ローカル感もあるので、お土産で日本に持って帰ったら喜ばれると思います

ぜひフィンランドに訪れた際にはぜひチェックしてみてください。

フィンランド人は主にジャガイモやライ麦パンと一緒に食べますが、日本人にはご飯と一緒に食べるのもオススメしたいです。お箸が止まらなくなりますよ。

こんなこと言うとフィンランド人に怒られそうですが。笑

ちなみにスペインにはパエリア、イタリアにはリゾットがあるように南ヨーロッパではお米を食べる習慣がありますがフィンランドの家庭ではあまりお米は食べません

*スウェーデンのデリソースのレシピがYouTubeにあったのでシェアします。

白いパンよりライ麦パン!

南ヨーロッパではフランスパンなどいわゆる精製された白いパンをよく食べますが、フィンランドでは茶色のライ麦のパンがが食卓に並びます。

ライ麦100%は流石に日常的には食べませんが、写真のようなライ麦の混じったパンを食べることが多いです。

スーパーにも多く売られているのでこちらもフィンランド に行った時は見逃せません!

Point①
・ライ麦パンはフィンランドの定番
・ジャガイモ料理は多い
・デリソースはスカンジナビア料理の鉄板
・ニシンの入ったSinappi Silliはオススメ
スポンサーリンク

自家製のシカ料理でお祝い!

メインの伝統料理といえばトナカイや鹿肉です。

食べ方はオーブンで普通に焼くこともあれば、ひき肉にしてハンバーグにしたり、ローストして薄く切ったりと様々。(上記写真の中央のお肉は両方とも鹿肉)

鹿肉はさっぱりしていて、柔らかいのでどんな料理にしても美味しいです。

獣臭がないわけではないですが、ラム肉などとは違い、いい意味で料理のアクセントになっている気がします。

鹿肉は脂肪も少なく高タンパクなので、ぜひ機会があれば食べてください。

ちなみに写真の鹿肉は付き合っていた彼女のおじいちゃんが自らハントしてきたお肉

実際におじいちゃんのお家の冷凍庫にはたくさん鹿肉が保存されていました。

フィンランドの森林率は先進国ではトップで国土のおよそ73%を占める自然豊かな国

寒さがキツイ冬場も長いですがこうして自然と共生している様子もまたフィンランドらしいです!

オーブンで焼いた料理がよく出るかも?

”スペシャル”ではない日常の食卓をのぞいてみると、豚肉やひき肉のクリームソース煮などが多い印象です。

先ほどホワイトソースの料理や多いと書きましたがメインに使われることも。他にはオーブンを使った料理もよく食べます。。

日本の家庭だと大きなオーブンのある家は少ないかもしれませんがこちらでは完備されています。

オーブン料理は入れておくだけで便利ですし、忙しいお母さんの日常には欠かせないのかもしれません。笑

Point②
・トナカイや鹿料理が絶品
・鹿は自らハントすることも
・オーブンを使った料理も定番
スポンサーリンク

甘いお菓子は全世界共通?

食後はコーヒーやティーと共に甘いお菓子を楽しみます

フィンランド(北欧)の有名なお菓子の1つはシナモンロール

上記の写真右のプレートに写るのがおばあちゃんお手製のシナモンロールです。カフェなどに行くと写真のものよりひと回り大きいものが手軽に入るので足を運んでみてください。

左の奥に写るキャロットケーキもよく見かけます。あとは日本人はほとんどの人が好きではないと思いますが、サルミアッキというお菓子もフィンランド名物です。

最後にサルミアッキを食べてみたというYouTubeも紹介しているのでチェックしてください!

コーヒーはブラック

現在筆者の住むイタリアではドリップコーヒーを飲む習慣はありませんがこちらではよく飲まれます。

それにしても器が可愛すぎて、コーヒーに目があまり行きませんね。笑

日本でも人気ですが北欧の食器、家具、建築などのデザインは本当に可愛いです。

Point③
・食後は甘いお菓子とコーヒー
・シナモンロールはフィンランドのお菓子
・コーヒーはブラック

北欧にも美食がたくさん!

なかなか北欧料理といってもパッと思いつかないと思いますが、美味しい食材や料理がたくさんあります。

最近は日本でもフィンランド発のムーミンやマリメッコ(ファッションブランド)の人気が上昇中

観光に行く人も増えていますが、フィンランドの食」に注目してみてもいいと思います!

ではまた!

海外生活のリアルをLine@YouTubeでも発信中です!

友達追加、チャンネル登録よろしくお願いします!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事