こんにちはサッカー選手でブロガーのよーへーです。

最近はなんだか皮肉にもブロガーとしてのよーへーの方が結果が出ているというそんな筆者ですが今回は近況を。

トップリーグも開幕してきて、サッカーファンにとっては街にまった新シーズンがやっと始まってきたヨーロッパ。移籍マーケットも大方クローズして、例年通りいくつか滑り込みの移籍もありましたね。

そんな華やかなヨーロッパのトップリーグからかけ離れた下部リーグも若干シーズン開幕は遅いですが、イタリア5/6部も今週からリーグ戦が始まります

そんな中、筆者は怪我で戦線離脱中。ほぼ決まっていた契約も白紙になってしまい、まだチームを探している状態です。

スウェーデンでクビになったのは昨年8月末なので、すでに無所属の期間は1年以上になります。

偉そうにブログを書いていますが、全くサッカーがうまくいかない日々が続きます。

アンチからはYouTube撮ってる暇があれば練習しろ!という声が聞こえてきそうです。
ラッキなーことにアンチが生まれるほどまだ認知度はないのですが。笑

正直しんどいですね。

そんな今回は2人の元日本代表、岡崎慎司選手と川島永嗣選手に絡めて、2つの話しを書きます
同じようにサッカーでトライアウト中の選手、または今後チャレンジしたい選手、そして選手関係者(コーチとか親)に読んでいただけたら面白いかなと思います。

自分への戒めも込めて。

経験者の声も!

スポンサーリンク

契約ってうまくいかないことも多い

先日マラガとの契約が決まり、日本代表の香川選手や柴崎選手とともに今シーズンのスペイン2部リーグを盛り上げるはずだった岡崎選手がチームの諸事情でチームに入れなくなったというニュースがありました。

おそらくSNSやニュースで見た人もいるでしょう。

本当にサッカー(他競技でも)ってピッチ内もそうですが、ピッチ外も不確定要素の多い世界です。

契約したのに!
契約するって言ったのに!
契約の条件が違うじゃん!などなど。

自分が100頑張ったら少なくとも80ー90くらいの確率で自分に返ってくる受験勉強とか、それこそブログとかと違うんですよね。

100頑張るのは当たり前で、でも30とか20くらいの評価しかもらえなかったり

多方面で活躍する箕輪厚介さんがとある動画で、「サッカー選手(スポーツ選手)は頑張っても頑張った分だけ見返りがあるわけではないから理不尽」なんて話しをしていましたが、やっぱりある程度努力の量とベクトルを間違えなければ、それだけ自分に返ってくる勉強やビジネスと違って、本当にタイミングや運みたいな要素はあるのがこの世界です。

例えば結果的に無所属になってしまった岡崎選手に、じゃあマラガでプレーするだけのレベルがなかったのかなんて話しは論外で、それってこのアマチュアレベルでも同じ。

僕の今戦っているイタリアであれば、もちろん外国人枠があり、そして若手枠と言い10代を起用しなくてはいけないルールもある。

それは他の国やチームでも同じ。あなたのポジションにユースからそこでプレーするベテランがいたら、実力がちょっと上なだけじゃ契約できないかもしれないし、いいプレーをしたら、点を取ったらみたいなそんな単純でもないと個人的には感じます。

だからまず、これを読んでいるあなたが選手で今トライアウト中であれば、ああ運がなかったなくらいで次のチャンスに切り替えて欲しいなと思います。

「1年以上チームのないお前に言われてもな」と返されたらそれまでですが、実際トライアウトは運要素もあるよっていうのは頭の片隅に入れてもらえたらと思います。

でも、頑張ったのにダメだった見たいな自己嫌悪や自信をなくしてしまう選手もいると思うので。実際にたらればはないし前を向くしかない。

スポンサーリンク

明日どこにいるかわからない不安

昨日引っ越しをしました

当初の予定では8月中にチームも決まり、チームから家を借りるかまたはチームにアクセスの良い家を探す予定でしたが、チームが決まらず現在の場所から動けない状況です。

そんな中、これまで2ヶ月住んでいた部屋が契約満了になってしまい、同じ大家が持つ他の部屋に移動。2週間新しい家に泊まります。

その後は未定。

「自分が来月どこにいるかわからない」

これは本当に一番のストレスです。

さすがに筆者は海外4年目なので、ある程度どんな環境でも生活はできますが、やっぱり気持ちがリラックスできているかと言われたらNOですよね。

サポートしてくれる人がいるのでもちろん、道での垂れるなんてことはないですがそれでも「マイホーム」がないのは楽ではないです。


写真はフィンランドトライ中の時の宿。

この感覚はトライアウトしてるとよく感じます。今年1月スウェーデンやフィンランドでチームが貸してくれた宿に泊まっていたときも、同じような気分でした。

トライアウトと住居の話しをすると元日本代表のゴールキーパー川島選手を思い出します。

彼の密着取材で無所属期間の映像がありそこで、ホテル暮らしの様子が映っていました。

「冷蔵庫がないからヨーグルトや飲み物は窓際で冷やしている」なんて話しをしていました。サッカー選手でなければ経験しないようなことですよね…

もちろんトップトップの選手であれば、サッカーを引退しなきゃいけないなんてことはないでしょうけど、メンタル的には、下部リーグでチーム探しをしている選手と同じような孤独を感じてるのかなーなんて考えてしまいました。(もちろん注目度やプレッシャーは違うけど)

ちょっと失礼だったかな?でも代表クラスでも無所属になってる選手もいるわけで、スポーツの世界は1筋なわではいかないのが難しいところです。

逆に今めげそうなら、トップの選手だってピッチの外では上手くいかないことが意外と多いんだ!とちょっと勇気が出るかもしれません。

スポンサーリンク

不器用だけどコツコツと

まとめ
1.トライアウトは運要素もあるから失敗はある
2.トップの選手でも上手くいかないことも
長くなりましたが、この記事で言いたいことは上の2つのことです。だからポジティブにいこうね!って

筆者も予想以上にトライアウトに苦戦しています。

先日noteでも書きましたが、怪我を引きづり頑張ったら空回りするという、これまた自爆というなんとも悔しい結果ですが仕方ありません。

「有給休暇をと世界一とらない日本人」という記事にかけて先日のnoteでは書きましたが、休むことの重要性を身をもって体験。相変わらず不器用だなとか思いながら、次のチャンスをに切り替えてます。

リンキン・パークの「Sharo Edges」の

"Sharp edges have consequences, I Guess that I had to find out for myself"

痛い目にあってからじゃないと尖った刃にはそれなりの結果があることをわからない」(意訳)

という詩がありますが筆者はいつもまさにこれで、いつもボロボロになりながら走ってます。笑

もちろんこの結果から学び、次に活かせたらいいのですが。ぜひnoteも読んでください!

今回のチャレンジは長期的にしっかりと目標を持って取り組んでいるので変わるかなーと思っていましたが、やっぱりサッカーのことになると負けず嫌いな部分がガンガンに出て、120%でやろうとしてしまうところは変わらず...

反省です。笑

なるべく早くいい報告ができるように頑張ります!ではまた!

今月はYouTubeに気合いを入れます!ということで今月中にチャンネル登録者数300人を目指します!

ぜひこちらにも遊びに来てください!

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事