【あらた Arata Vlog】「右も左もわからないリスク」をとるのが楽しい

こんにちはよーへーです。

何かに挑戦をしている人に話しを聞くBecause of Challenges (だから挑戦する)。

今回はYouTuber、動画クリエイターとして人気を博しているあらたくんに話しを聞きました。

YouTuberとして動画をアップするだけでなく、動画クリエイター、オンラインサロンのオーナーなど多方面に活躍する彼の行動力の源や魅力に迫ります。

あらた
1998年生まれ。
YouTuber/動画クリエイター
2017年のアメリカ留学をきっかけに動画投稿を始め現在のチャンネル登録者数はおよそ55000人。
早稲田大学休学中の現在は動画クリエイター、オンラインサロンなど多方面で活動している。

*今回は同い年でお互い知っているということもあり、砕けたインタビューでお届けします。

スポンサーリンク

興味本位で始めたYouTube

ーーまずYouTuber、動画クリエイターの話しを聞きたいんだけど、始めたきっかけとかあるの?

あらた 最初のスタートは本当に興味本位。当時アメリカに留学していて、タイミング的にもちょうどよかった。”思い出作り”にみたいな。笑

友達でカメラとか動画作っている人がいたりとかも少しあったかな。なぜYouTubeに投稿したのかな…それはあんまり覚えてないかも。

ーーそこから今はチャンネル登録者数6万人近くになったんだ!
自分もYouTubeを少しやっているんだけど、登録者数が増えるまでの時間ってそんなに簡単じゃないよね。当時、周囲の目とかはあまり気にしなかったの?実際、YouTubeは今はトレンドだけど、
チャンネル登録者が少ない人を嘲笑するような雰囲気も少なからずあると思うし。

あらた それがあんまり気にしなかった。笑

チャンネル登録者が1000人になるまで4ヶ月くらいかかったし、特に初めから順分満帆というわけでもなかったけど、ワクワクとか、楽しい!っていう感覚の方が強かったな。

当時コロンビア大学で留学してたからキャンパス内を自撮りして歩いたりしていたんだけど、逆に今思うと結構恥ずかしいことも多い。笑

それこそTwitterとかで友達にRTしてー!みたいなツイートもしてみたり。意外と周囲も応援してくれる人も多かったかも。

一緒に動画を撮っていた友達は冗談交じりでいじられたりとかしてたけど。笑

でも、そういうのは結果が出れば変わるとも思っていた。

スポンサーリンク

アホみたいに前しか向いていなかった

ーー結果を出すという点では目標設定とかしていたの?短期でも長期でもいいんだけど。

あらた YouTubeを始めた当初はさっきも言ったけど、興味本意程度だったから特に持っていなかった。8−9千人くらいかな。そのあたりから具体的な数字とかを考えるようにはなったかも。

目標設定とか、数字を決めるのは大事だと思うし、その点は昔の自分には言いたいかも。でも当時はあまり映像を仕事にするみたいなことも考えていなかったからね。

今は明確に持っているよ。3月までにチャンネル登録者数10万人とか、運営しているオンラインサロンのメンバーの数字とかも。

反対に長期すぎる目標はあまり作らないかな

5年後とか10年後とか、その時代がどうなっているか予測不可能だし、今好きなことが10年後好きとも限らないし。

ーー不安とか失敗は考えたりしないの?それが怖くて行動できない人も多い。

あらた それがあまりないかも。割と寝たら忘れるタイプなんだよね。笑

YouTube始めた時もアホみたいに前しか向いていなかった。笑

それこそ登録者数2-300人の時とかでも、失敗とかあまり考えなかったね。

”自分が何をしたいか”が何より大事だし、周囲のことを気にしすぎるのはよくない。

スポンサーリンク

右も左もわからないようなリスクをとるのが楽しい

ーー以前にYouTubeのアドバイスを聞いた時に、PDCAをいかに回せるかって言う話しをしたよね。

あらた そうだね。動画作りはとにかく考え続けないといけない。それで、とりあえずやる。行動する。それでまた考える見たいなそれの繰り返し。

失敗の話しで言うと、思ったように動画が見られていないなとか、そういう小さい話しはいくらでもある。アンチもいるしね。笑

でも、そしたらまた行動。それで少しずつ引き出しを増やしていく感じ。

そうやって試していって、やっと稼げると言うか、形になっていくと思う。

全然関係ないし、知り合いでもないけどマナル隊っていうチャンネルは本当に0から始めて毎日動画投稿して、今30万人近く登録者数がいる。とにかくやってみることは大切だと思う。

ーーこの前の動画で好きなことを形にするには継続って話ししていたね。そもそも好きなことが見つからない、あるいは好きなことに自信を持てなかったり不安を感じる人も多いと思う。見つけ方とか、日々意識していることはある?

あらた 少し質問とはズレるかもしれないけど、「好きなことを仕事にする」ことついては結構迷ってた

今は大学休学中なんだけど、就活するか、クリエイターするか揺らいでいた時期があったんだよね。その時は結構いろいろな人にも相談もしたけど、結局自分が後悔しない選択をした。

よく言う話しだけど、自分にお金も時間も無限にあるって言われた時に何をやりたいか?を考えたな。

その結果、自分はクリエイターの道に行くと決めた。

例えばもし就職してサラリーマンになったととして、通勤電車とかで動画クリエイターとして頑張っている人を見つけたら多分後悔するなって思ったし、そうはなりたくなかった。

ーーそのエネルギーって並大抵のものではないよね。チャレンジ精神というか、エネルギーはどこからくるの?オフ会とかも積極的にやっている印象があるし、最近オンラインサロンも作ったよね。

あらた 単純に勉強とか、受験でもいいだけど、自分は右も左もわからないようなリスクをとって何かに取り組むのが楽しいんだよね。

その中で、何かに挑戦したり、努力する楽しさとかは伝えたいし、それで何かを勝ち取ったり、っていう姿を自分自身が見せたいと言うのがあるかも
自分自身、地方の割と田舎の高校で、なんならヤンキーとかも多くて、井の中の蛙見たいにはなりたくなかった。そう言う背景もあるかもしれない。

周りのサポートがあって今の自分がある

ーーオンラインサロンの話しで、実際苦労とかある?先頭切って走るのは楽ではないよね。

あらた もちろん0→1のところだから、大変なこともあるけど、幸運なことに周りのサポートがあって、この事業というかオンラインサロンの運営ができているんだよね。しかも、リスクもほぼなくて、本当にいい経験をさせてもらっている。

お金はもちろんそうだけど、経験という部分を自分は何より大事にしたいから、ビジネス的なと部分はもちろんだし、エンジニアの開発チームと話しをしたりとか、日々勉強させてもらっている感じかな。

だから業務的にきついこともあるけど、とにかく楽しいね!

ーーそれに付随して聞きたかったんだけど、人がついてきてくれる理由とかは考えたりする?自分で言うのは少し恥ずかしいかもしれないけど。

あらた それは知り合いの方とこの前話したんだけど、自分が知らぬ間に色々ギブをしていたからかもしれない。例えば以前、映像作りとか、モデルの事業とかにも関わっていたんだけど、そこで作った作品とか、そこでの評価、仕事ぶりとかも影響していたと思う。

本当に自分では意識していなくて、好きなことをしていただけなんだけどね。

ーー大事だね!最後にもし自分が海外でサッカーやっているとしたらどんな動画を作る?

あらた うーん…”日本代表を目指す!”みたいにストーリーを作るか、海外なら海外の1流選手とか、現地の選手にインタビューしまくるかも。

ーーなるほど!参考にします!今日は貴重な時間ありがとう!

 

最速で動画が学べるコミニュティー

あらた
昨年末に動画編集の学びの場として開設したオンラインサロン。
モチベーションの高い同世代が集まっているので刺激があること間違いなしです!
イベントもあり、実際にメンバーが動画を作成をしたりもしています。近々、追加メンバーの募集を行うのでぜひSNSのフォローお願いします!

あらた Arata
スポンサーリンク

よかったら筆者のSNSもフォローお願いします!

Twitter/instagram/note/YouTube

Twitter でフォロー
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう