【スペインサッカー留学】海外での生存戦略。アスリートとして日本を出て変わったマインドとは?

前回記事ではスペイン南部セビージャでプロサッカー選手として活躍する部坂雄大さんに、スペイン下部リーグのリアルな環境や選手の待遇などにフォーカスをして話しを聞きました。

後編では、スペインにきて変わったマインドや、具体的に海外で続けていくための方法、そして今後渡航を考えている人へのアドバイスなどを覗いていきます!

スポンサーリンク

サッカーだけやっているのがかっこいいと思っていた

ー私生活はどうですか?noteでもサッカー選手とピッチ外の活動の2足のわらじで頑張りたいと書いてありました。海外でサッカーする上で私生活の充実は僕も大事なことだと思っています。

部坂雄大(以下雄大多分、海外の人ってみんな一緒だと思うんですけど暇じゃないですか。

1シーズン目とか特にそうで、高いレベルでやっているサッカー選手じゃないのにクソ暇という。

だからそこを自分で工夫しました。

例えば、2シーズン目は午前中チームのグランドで働いて、終わって学校行って勉強して、直接練習みたいな生活をしていたのですが、チームのバルやクラブハウスの掃除を手伝うことで給料を少し増でもらえたりもしました。

日本に居る時はサッカーだけしている人がかっこいいっていう勝手なイメージだったしそれに憧れていたけど、時間が有り余っているこっちの環境に身を移して少し変わったかもしれないですね。

ースペインでサッカーする上でエージェントの問題は賛否両論あると思いますが、3シーズン現地で見てどうですか?

雄大 自分は1年目が日本の留学会社にお願いして、2年目が1人、今シーズンは現地のスペイン人にお願いしています。

1年目って無知すぎて1人では無理な部分が絶対にある。

2年目はある程度やり方とかも1年目の時に学んだので1人でできると思いますし、自分はできました。

ただ、またカテゴリーの話しですが、テルセーラになると、練習参加するコネも必要だし、そこでチームに売り込んでくれる、プッシュしてくれる代理人もいるとなおプラスかなと感じます。

今シーズンはスペイン人の代理人を使ったと言いましたが、おそらく1人でやっていたら契約はできなかったと思ってます。

5部までは実力と語学と練習参加でうまく行けば次第でなんとかなるかもしれないけど、4部以上は代理人や何かしらのコネは必要かもしれない。テルセーラは一つ壁と言ったけど、代理人が必要とかというのも含めたこと一緒かなと思いますね。自分の肌感みたいなとこですけど。

もちろん代理人の選び方も大事。

日本のエージェントが悪いとかではないです。1年目、すごい真摯にサポートしてくれて、そのお金もいい投資だったと思っていますし。

でも2年目以降は自分ができることも増えるので、選手は各々どこに自分のお金を投じるか考える必要があるかもしれません。

渡航前の具体的なアクションとしてはどういうことがあります?ユーロプラスなど大手の会社に連絡することが一番早いと思いますが。

雄大 自分はマドリードとセビージャしかわからないけど、日本のエージェントにしてもいくつかあるので行きたい人はまず自力で調べてみればいいと思います。

結構自分にも質問めちゃくちゃ来ます。「スペインどうですか?」「どうやって行ったんですか?」「協力してもらえますかね?」みたいな。

協力はしたいけど、やっぱり全く知らない人に100%知らない人に捧げるかったら厳しい…

アドバイスがあるとすると、最初は強いコネがない限り日本のエージェントが必須。そのあとは、1シーズン目のやり方とかを見て、頑張ってみればいいと思うのが自論です。

スポンサーリンク

SNSとサッカー

ーSNSについてですがTwitterとnoteをやっていますね。最近はソーシャルメディアとアスリートの相性の良さなどが言われていますが、SNSを通じて変わりましたか?僕自身も初めは日記感覚でブログなどを書いていましたが、最近全く関係ない記事も書くようになったり色々SNSをやることで変わった自分がいます。時間がある海外生活の中で本読んだりとか、勉強してアウトプットするのがすごい楽しいなとか僕は最近よく感じます。

雄大 すごいわかります。 サッカーだけじゃない価値観というか、それは広がりますよね。やっぱり。

自分は Twitterに力を入れたのはセビージャに来てからで以前は見るだけだった。

Twitterっていろいろな人と出会えるいいじゃないですか。もちろんマドリードでは友達や知り合いもいたけど自分はセビージャに誰も知らない中で来他ので、本当に最初そこで日本人とか、セビージャに通な方に出会えたり。

ー出会いは貴重ですね。雄大さんはサッカー以外の仕事もやられているイメージがあります。日本語を教えていたりとか。スペインに長く滞在する上で経済的な部分はすごく悩みどころだと思いますが仕事の探し方や、その時に自分が意識していたことなど具体的なヒントになるようなアクションがあれば教えて欲しいです。

雄大 僕の場合は2年目からエージェントをつけなくなって、 いろんな意味で自立しなくてはいけない状況になった。その中で経済的な理由でサッカーを諦めるってのが一番嫌だったので、2年目とかはチームに自分からお願いしてチームに隣接するバルで働いたりやロッカーの掃除したりしていました。

日本語学校の授業始めたのは紹介してもらったんですよね。Twitterとかで知り合った人にこういう仕事あるよって。

当たり前のことだけど、つながりってどこに行っても大事といいうか、日本人って知り合っただけで、日本食屋で働かしているかもしれないし、特に自分は人に会うのが好きなのでいろいろな人に会うようにはしていた。

それがどっかで繋がってというか、日本人同士で固まりすぎるのはよくないけど、最低限は必要。

バルで働いていたとき、自分は所属するチームにお願いしただけであって、やっぱお願いする人っていっぱいいると思います。

それこそSNSとか有効的というか一つのツールになりますよね。

ーお願いするってのは大事ですね。その点、スペインには日本人がめちゃくちゃいるじゃないですか 。周りに日本人がいる環境はどう捉えていましたか?

雄大 ほんと良くも悪くもどっちもありますよね。

例えば、日本の留学会社を通じてサッカーしてる人同士でつるむことはあまりしていなかった。

反対にサッカー以外で現地に来ている日本人とかスペイン人と会うのは好きだったしはすごい面白かったです。

インテルカンビオ(異文化交流会)とかも行きましたし、それこそマドリードは1人繋がれば、その友達の友達とかにすぐ繋がる。

最初は広く浅く知ってもらっていって、本当に仲の良い人間とかつながりはその間でできるかな。

それこそセビージャに来てからだけど小さな事業をやったりもしています。

観光系の事業なんですけど、王道のプランも含め、住んでる人しか知らないようなレストランを紹介したり、チケットを代理で買ったりとか。そういうのも現地での繋がりがあってできていると思います。

スポンサーリンク

なぜスペインに行くの?

ーそういうことをしてる人、意外といないですねよ。雄大さんの場合は縁があってたまたまスペインだったわけですが、これから渡航を考えている選手や海外に行く選手に何かアドバイスはありますか?サッカーだけをモチベーションにやった方がいいのか、それ以外にも目を向けた方がいいかの。もちろん賛否両論あると思うんですけど。

雄大 うーん。自分次第でめちゃくちゃ変わることかな。

語学だって、5年住んでても勉強しなきゃ話せるようにはならないし。

でもスペインの場合、これからくる人にはなぜスペインを選ぶのかは聞きたい。

僕はスペインに来て、スペイン語がわかるようになって、ペップとかモウリーニョとかスペイン語の戦術を生で聴いて理解して、凄いスペインサッカーが好きだなと思うけど、来る前からスペインの何がいいのかは、疑問だったりする。

例えば、お金が欲しいならドイツとか東ヨーロッパの方がいいかもしれない。

もちろん来たらいろんな可能性があるし、夢は転がっているとは言いたい。

自分は大学で試合にも出れなかったけど、テルセーラまで来れたし、こっちに来て上手くなった。

もし行きたい!と思うんだったら飛び込んでくれば!とは思いますね。

ちょっとアドバイスとしては抽象的かもしれませんが。笑

ー経験しないとわからないことはたくさんありますね!最後に今後の目標とか教えてください?

雄大 カテゴリーを上げるのはもちろん一つの目標です。4部から3部への壁は大きいので。ベストは今のチームが昇格して一緒にセグンダb(3部)に行けるのは理想。今シーズンのチームの成績も悪くなかったし。

でも、今のチームで安定して試合でるがまず第一かな。契約も一応もう一年残っているので。

やっぱサッカーはタイミングとかその監督の好みだったりとか、戦術的にも合う合わないある。今せっかくテルセーラにいるのでそこでアピールして安定して試合に出れば、全て自分のレベルアップに繋がると信じています。

次は4年目だし、スペインサッカーを生で戦ってきて、戦術も全部理解できる中での勝負の年にはしたいです。

(全編はこちら。部坂雄大さんのTwitternoteはこちら)

Twitter でフォロー
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう